記事種別

おやつD2Cサブスクリプションのスナックミー、総額約2億円を資金調達 よりよい顧客体験の実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/05/28 12:05

 おやつのサブスクリプションサービス「snaq.me」を運営する株式会社スナックミーは、 W ventures、 Spiral Ventures Japan、 SMBCベンチャーキャピタル、 LINE Ventures、 朝日メディアラボベンチャーズを引受先とした総額約2億円の第三者割当増資を実施。

 スナックミーは「新しいおやつ体験を創造し、 おやつの時間をもっと価値のあるものにする」をミッションに、 食材の美味しさを最大限に活かしながら、 テクノロジーを駆使して顧客の声を取り入れる商品開発を行うおやつD2Cブランド。

 2016年2月にローンチしたサブスクリプションサービス「snaq.me」は、 約1,000億通りの組み合わせから独自のアルゴリズムによって顧客の好みに合わせておやつBOXをパーソナライズしている。

 そのアルゴリズムは顧客からの評価データを活用しており、 そのデータを使って新商品の開発も行っている。また、 サブスクリプションモデルにより、 在庫期間を最小化してタイムリーに届けることにより、保存料や人工添加物不使用のおやつのみを取扱い、 フードロスを最小化。直近は毎月約10%のペースで顧客数が拡大している。

冊子「Why we Climb」とParks Projectのキャップ(著者撮影)

 今回の資金調達により、インターネット発のテクノロジーを活用したおやつブランドを目指し、 さらに精度の高いパーソナライズのためのレコメンドシステムの開発や、 より良い顧客体験を実現できるようなタッチポイント(マイページ、 冊子、 コンテンツ、 カスタマーサポートなど)の強化、 顧客基盤拡大に向けた投資を行うとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5