記事種別

PALとソラミツ、ブロックチェーン技術で物流在庫情報のリアルタイム管理へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/10 11:15

 PALとソラミツは、正確な在庫情報を取得し、日々の在庫情報を荷主等へ連携可能なブロックチェーンシステムの開発に取り組んでいる。

 システム構成は、「正確な在庫情報を自動で取得するシステム」「ブロックチェーンを活用しリアルタイムで在庫情報を連携するシステム構成」となっている。

 ブロックチェーンは、ソラミツが提供する「Hyperledger Iroha(いろは)」を活用している。

正確な在庫情報を自動で取得するシステム

 在庫情報の取得は、RFIDを用いた位置特定ソリューションを応用。高精度な位置特定を実現する先端通信技術を活用し、移動しながらRFIDタグのデータ読み取りが可能な仕組みとなっている。

 棚と荷物へICタグを貼り付け、AGVやドローンにリーダーを搭載して、自動運転中にタグを検出。そのデータを解析し、実在庫のデータを作成・特定する仕組みとなっており、ほぼ100の在庫精度が出ているとのこと。

ブロックチェーンを活用しリアルタイムで在庫情報を連携するシステム

 正確な在庫情報は、ブロックチェーンを活用し、荷主や3PL事業者へリアルタイムで連携可能に。また、在庫情報のみならず、出荷情報や、配送データ等もシームレスに連携される。

 物流センターにおける在庫管理は、日々大きく変動する在庫情報を正確に把握しきれていないのが実態。システム入力・処理間違い、又は、ヒューマンエラー等により、実際の在庫と、システム上の在庫データに食い違いが生じることが多々起きているとのこと。

 そのため、棚卸しを実施するたびに、在庫差異が明らかとなり、大手企業の場合、数億円規模の不良資産として損失を計上するケースや、また、在庫差異が生じたことで、販売機会ロスにつながったりしている。

 今後は、このたび開発に取り組むブロックチェーンの活用により、在庫情報をリアルタイムで特定・連携、また、新たな決済・資金調達手段の提供という発展を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5