記事種別

Shopify、日本でのPayPal決済手数料0円キャンペーンを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/05/31 19:00

 カナダ発のECプラットフォームであるShopifyは、グローバルパートナーであるペイパルとともに、日本におけるオンラインストアの運営はや起業家の成長と成功を推進するキャンペーンを開始したと発表した。

 カナダ発のECプラットフォームであるShopifyは、グローバルパートナーであるペイパルとともに、日本におけるオンラインストアの運営はや起業家の成長と成功を推進するキャンペーンを開始したと発表した。

左から、ペイパル カントリーマネージャーの曽根崇氏、Shopify国際事業統括責任者のマーク・ワング氏、ペイパル CEOのローハン・マハデバン氏

左から、ペイパル カントリーマネージャーの曽根崇氏、Shopify 国際事業統括責任者のマーク・ワング氏、
ペイパル CEOのローハン・マハデバン氏

 本キャンペーンでは、Shopifyアカウントに新しく登録し、支払い方法としてPayPalを選択、そして実際にPayPalで支払いを受け取った場合に、PayPal決済手数料が2ヶ月間実質無料となる。またShopifyでは、PayPal利用者限定で、Shopifyでの月額利用料が20%オフとする。エントリー期間は2017年6月1日から9月30日まで。

 Shopifyは、マルチチャネル販売に対応した、カナダ発のクラウド基盤のECプラットフォーム。2004年にカナダで設立された同社は現在、175カ国、40万以上の企業をサポートしており、テスラ、ネスレ、GE、レッドブル、カイリーコスメティクスなど世界的に認知されているブランドなどでも活用されている。

 Shopifyの大きな特徴は、単にECサイトを運営するだけでなく、ソーシャルメディアでの販促機能や、Amazonを含むマーケットプレイスなどでの販売、モバイルへの最適化、実店舗での販売など、複数の販売チャネルでの展開を可能にする機能を備えている点。ウェブデザイナーや開発者でなくても、オンラインストアの作成、カスタマイズ、管理をウェブ上で行うことができる。多言語、多通貨、そして各国の税率に対応しているほか、配送面では、日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便やFedExなどの主要な配送会社と提携している。

 さらにShopifyでは、WordPressやJoomla!などで作成したコンテンツに、商品の購入ボタンを挿入する「Buy Button(バイボタン)」や、スマートフォン上でAIがメッセージ形式で売上分析やキャンペーン施策の提案などを行ってくれるCRMアプリ「Kit」、スマートフォン用のゲームから商品を直接販売できる「Unity Buy Shopify」など、数多くの販促機能を揃えている。

さまざまなコンテンツに購入ボタンを挿入できる「Buy Button」

さまざまなコンテンツに購入ボタンを挿入できる「Buy Button」

スマートフォン上でAIによるCRMを活用できるアプリ「Kit」

スマートフォン上でAIによるCRMを活用できるアプリ「Kit」

 今回のキャンペーンでは、Shopifyに新規申し込み後、Shopifyオンラインストアの管理画面上でPayPalを決済方法として設定するだけで、自動的に申し込みが完了となる。なお決済手数料は、Shopifyにユーザーが登録し、PayPalを支払い方法として設定した日付から60日以内に、PayPalから実質かかった決済手数料分(キャンセル、返金を差し引いた正味分)が事業者のPayPalアカウントに返金される。

 PayPalを通して決済を行うことで、PayPalアカウントを持つユーザーはワンタッチ決済が可能となり、コンバージョン率の向上が期待できる。

 ShopifyのShopify 国際事業統括責任者のマーク・ワング氏は、「今後Shopifyでは、日本の事業者の方向けによりよいプロダクトを提供していく予定です。Shopifyは、開発者を必要とせずに導入できる、非常に使いやすいシステムを構築しており、世界中の事業者の方に利用いただいています。今後はより多くの日本の事業者の方に使っていただき、Shopifyの良さを実感していただきたい」とコメントした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5