SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アマゾン「Prime Now」、ドラッグストア、百貨店3社と提携 サプリや惣菜など商品を大幅拡大

 アマゾン・ジャパン(以下、Amazon)は、4月18日(火)より、Amazon プライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」で、ドラッグストアのコスメ・美容用品と百貨店の総菜・和洋菓子の取り扱いを開始したことを発表した。

ココカラファイン 販促マーケティングチーム マネジャー 郡司昇氏(左)と、アマゾン・ジャパン Prime Now事業部部長の永妻玲子氏

ココカラファイン 販促部マーケティングチーム マネジャー 郡司昇氏(左)と、アマゾン・ジャパン Prime Now事業部 事業部長 永妻玲子氏

 これらの商品は、ドラッグストアの提携店としてココカラファインとマツモトキヨシ、総菜・食料品の提携店として三越日本橋本店がPrime Nowへ出品する形で提供する。

 Prime Nowは、2015年11月に日本でサービスを開始し、品揃えと対象エリアを拡大してきた。今回、提携店各社と協力することで、ドラッグストアで人気のコスメ・美容用品ならびに百貨店の高品質な総菜・和洋菓子という新たな品揃えを提供する。提携店3社での現時点での合計出品商品数は約1万1,000点で、都内の対象エリアにおけるPrime Nowの取扱商品は最大7万点以上に拡大する

 今回の提携では、AmazonがPrime Now専用アプリにより集客から受注までを行う。ユーザーからの注文を確認した後は、Prime Nowの配送員が各販売店舗で商品を集荷し、ユーザーの自宅などへ配送する。Amazonは提携店の在庫を自社倉庫に確保するのではなく、Amazonが提携店舗の在庫を集荷して配送するという仕組みだ。

提携店との連携モデル(記者会見資料)

 配送オプションとしては、当日または翌日の配達希望時間を2時間単位で指定する「2時間便(配送料金は540円)」のほか、別途890円の配送料金で1時間以内の配送を行う「1時間以内配送」が利用できる。

 【注文時間】24時間
 【配送時間】
 ・ココカラファイン:10時~22時
 ・マツモトキヨシ::10時(サービス開始当初は12時)~深夜0時
 ・三越日本橋本店:12時~20時(サービス開始当初は 14時~16時の時間帯を除く)

 なお、各店舗の対象エリアは、各店舗により下記の通り。

クリックで画像を拡大

 注文方法については、通常のPrime Nowアプリでの注文とほぼ同様だが、商品は各店舗ごとのカートに入り、それぞれ2,500円以上から注文可能。

Prime Nowアプリでのショッピングカート

Prime Nowアプリでのショッピングカート画面。各店舗で個別のカートが表示される

 また、2時間便の配送料はココカラファインとマツモトキヨシで5,000円以上、三越日本橋本店で9,000円以上で無料となる。

  本サービスは北米などの地域ですでに行われており、日本では初となる。今回、3店と提携をしたことにより、Amazonは都市型の店舗では在庫の確保が難しかった商品も取り扱うことができるようになった。また提携店にとっては、より利便性の高いPrime Nowに出品することで、「すぐに商品が欲しい」というニーズに対応することができ、より広いユーザーに対する訴求を行うことができるようになる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部 野村 光(ノムラ ヒカル)

岩手県出身。ケント大学(英国)卒業。ライフスタイル誌、ガジェット系雑誌などで編集・執筆・カメラを担当した後、KADOKAWAにて語学、ビジネス、自己啓発、翻訳など、書籍編集者として幅広いジャンルの書籍を刊行する。2016年11月より翔泳社へ入社し、Webメディアの編集者となる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/4523 2017/04/19 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング