SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

成田空港・免税店での国慶節期間の中国人旅客の売上は2年間で2倍

 10月1日の「国慶節」は中国の建国記念日。全日空商事は、今年の国慶節期間(10月1日~7日)における中国(香港含む)からの訪日旅客の購買動向を、自社データに基づき調査した。対象店舗は「ANA DUTY FREE SHOP」(以下、旗艦店)と今年8月にオープンした家電も取り扱う「ANA DUTY&TAX FREE SHOP」(以下、第4サテライト店)。

 インバウンド消費の動向が注目される中、2014年と2015年の国慶節期の国・地域別売上構成比(旗艦店のみ)を比較すると、昨年は約半数を占めトップだった日本人が今年は4割を下回った。一方、中国人の割合は昨年より10%以上増加し、過半数越えとなった。

 中国からの訪日客の国慶節期の購買動向について、2年前の2013年を基準に比較すると、売上金額・客数・客単価ともに年々増加。売上金額、客数ともに2年前から約2倍となっている。また、客単価は2年前より20%以上増えている。

 一方、第4サテライト店ではインバウンド、特に中国人をターゲットとし、家電を含めた品揃えを展開した結果、商材別売上構成比で家電の売上が全体の1割を占めた。今年の国慶節期における旗艦店と第4サテライト店の国・地域別売上構成比を比較すると、約4割を日本人が占める旗艦店に対して、第4サテライト店は外国人が約8割を占めている。また、他店での取り込みが弱かった欧米人の割合も旗艦店の2%に対し、第4サテライト店では9%で、日本特有の小物などが欧米人に人気となっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/2377 2016/08/10 16:07

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング