SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

富士通と東京海上グループ、サプライチェーンリスク可視化サービスの提供へ 迅速な対策立案などを支援

 富士通、東京海上レジリエンス、東京海上日動火災保険の3社は、サプライチェーンのリスクを可視化するサービス「Fujitsu Supply Chain Risk Visualization Service(以下、SCRV)」を、2024年1月25日より提供開始する。

Fujitsu Supply Chain Risk Visualization Serviceのサービスイメージ
クリックすると拡大します

 これにより、サプライチェーンの正確な把握とリスク評価が可能となり、自然災害などの有事に備えたサプライチェーン構築とリスク対策の立案、有事の際の迅速な影響把握・意思決定を支援するとのこと。なお、本サービスには、物流の途絶を回避するための、追加費用を補償する東京海上日動の保険が組み込まれている。

Fujitsu Supply Chain Risk Visualization Serviceの特長

サプライチェーンのリスク可視化・評価による、有事に備えた対策立案の支援

 登録されたサプライチェーン情報に基づいて、企業の拠点および取引先の生産拠点、生産品、調達品のサプライチェーンツリーを可視化する。また、拠点情報とハザードマップを地図上で重ね合わせる機能やリスク評価レポートの出力機能により、自然災害リスク情報も可視化。有事に備えた持続可能なサプライチェーンの構築、リスク対策の立案を支援する。

有事のアラート発報・タイムリーな状況把握

 気象災害や地震災害の発生時に、登録された取引先に被災の可能性がある場合、自動でアラートメールを発報する。また、企業および取引先が実際の被災状況の情報を入力することで、関係者全体でタイムリーな情報収集と影響把握が可能。影響を最小限に抑えるための代替仕入れ先の確保や、早期出荷・迂回輸送などの対策に役立つ。

関係者とのコミュニケーションの効率化

 システム上で日常的に取引先とのコミュニケーションが可能。企業および取引先の関係者全体で、平時からリスク対策状況などの情報収集、有事の際の被災状況・復旧状況の一元管理ができ、コミュニケーションを効率化する。

追加物流費用の補償

 一定規模以上の被災可能性アラートがSCRV上で発報された際、企業がサプライチェーン途絶を回避するために要した追加費用を補償する保険が付帯されている。具体的には、台風や豪雨などによる浸水/洪水・外水氾濫を見越した製品の早期出荷や、迂回輸送にともなう追加費用を補償し、迅速な回避行動による、損害の未然の防止を支援する。

システム基盤への先進的なテクノロジーの活用

 SCRVの基盤として、富士通の戦略的グローバルパートナーであるマイクロソフトの「Microsoft Azure」を活用し、堅牢性と拡張性を実現している。今後もマイクロソフトと連携し、SCRVをはじめとするサービスのキーテクノロジーとして、サプライチェーン関係者のコミュニケーションの高度化に向け、生成AIサービスやテクノロジーを活用していく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14123 2024/01/22 13:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング