SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

電通デジタル、業界特化型CDPソリューション「DOMA」の小売業界向けパッケージを提供開始

 電通デジタルは、顧客データ統合プラットフォーム(Customer Data Platform 以下、CDP)をスピーディーかつ低コストで導入・活用するためのパッケージ型ソリューション「DOMA(Data platform Organized for Marketing and Analytics)」において、業界向けシリーズ第2弾として小売業界に特化した「r-DOMA(retail-DOMA)」を開発し、提供を開始した。

「r-DOMA」全体構成図

 企業がデジタル広告やCRM施策などデータを活用したデジタルマーケティングを推進するためのCDP導入・活用にあたり、電通デジタルでは、その導入にかかる従来の期間の短縮と低コストを実現するパッケージ型ソリューション「DOMA」を2021年より提供している。第1弾は、銀行業界向けに「f-DOMA(financialDOMA)」が提供された。

 「DOMA」には、日本家屋において外の世界と家の中を「つなぐ」場所である「土間(ドマ)」の意味も込められており、企業と顧客をデータハブ機能として「つなぐ」役割を担う。

 「DOMA」では、同社のこれまでのCDP導入・運用支援における実績とノウハウのもと独自に構成されたデータ連携機能(コネクタ)やテンプレートなどのアセットが搭載され、さらに業界別の特徴に合わせたサービスを提供することで、より効率的・効果的なデータマーケティングの推進が可能となる。

 新たに提供を開始する小売業界向けの「r-DOMA」では、データプロセッシングやデータエクスポートなどの標準機能に加え、ECサイト購買情報・会員情報・商品情報・サイト閲覧情報や、アプリのインストール情報、LINEプッシュなどの施策情報、実店舗の情報など、小売業界固有のデータにアクセスするコネクタをもち、各データを顧客ID(カスタマーID)で統合する機能を有する。

 また、コア技術に、Amazon Web Servicesのサーバレス技術を採用し各機能を実装することで、クライアント企業の環境における多様なデータへのアクセスにおける柔軟性と可用性を実現しつつ、コスト最適化のバランスを維持しているという。

「r-DOMA」の特徴

小売業界に特化したコネクタによるデータ連携

 EC パッケージ・計測・MA ツールなど、小売業界で頻出するマーケティングツールとデータ連携するための外部連携コネクタを搭載し、データ取得・データ統合を容易に実現する。

小売業界に特化したテンプレートによるデータ利活用

「データ可視化」

 施策配信/施策毎のCV数、会員数推移、MAU/DAU/PV/インストール数推移など、日々のデジタルマーケティング運用においてKPI指標としてよく利用される指標を可視化する。

「施策セグメント」

 カート落ち×在庫減、商品閲覧×値下げ、お気に入り×在庫減など、顧客×行動データによる特定顧客へのアプローチを促進するための施策セグメントを生成する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13957 2023/12/12 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング