SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

YOBOSHI、テーラーバンクとともに衣服のオンライン裾上げ・丈詰めサービス「fitu」ローンチ

 地方企業の持続的価値を追求するYOBOSHIは、サイズ直しやクリーニングなど洋服のアフターケアを一括提供するテーラーバンクとオンラインで気軽に服の裾上げ、丈詰めを行えるサービス「fitu」をローンチした。

 「fitu」はYOBOSHIがローンチした、オンラインで気軽に衣服の裾上げ、丈詰めを行えるサービス。サイズ調整、お直し、カスタマイズをより気軽にリーズナブルに提供することで、1着の衣服と人を長くつなぐサービスを目指す。今回はその第1弾として、「オンライン裾上げ、丈詰めサービス」をローンチ。お直しを気軽に、簡易に、リーズナブルに提供することで、衣服がダメになったから新しく買うという選択ではなく、ダメになったから直すという選択肢を当たり前にしていく考え。そのためにUI/UX、価格、データ、コンテンツなど複合的な観点をより強化し、アパレルのあるべきエコシステム構築を目指す。

「fitu」のプラン、オプション、ステッチ

 同サービスでは、アイテムに応じて「裾上げ」「着丈詰め」「袖丈詰め」のお直しプランを用意。お直し対象となるアイテム選択後、お直しプランを選択し、ステッチ、納期オプションによってお直し金額が反映されるような設計となっている。

 同サービスの特徴は、次のとおり。

納期変動によるダイナミックプライシング

 ユーザー視点と工場視点を掛け合わせたプライシングの実現。代表である神谷氏のアパレル時代の過去の経験から、ユーザー側のメリットと縫製工場側のメリットの双方を掛け合わせたサービス、価格設定を実現した。

ストレスフリーなUX

 同サービスでは、シンプルかつわかりやすい申し込み方法で、スムーズなお直し体験を実現。

「EC直送」「個人宅集荷」のふたつの申し込み経路を準備

EC直送

 ECサイトで購入した商品を「fitu」提携工場に直接配送することが可能。EC購入時に「fitu」工場への配送指示と「fitu」ECサイトで注文内容を申し込めば、希望の長さになった品物が自宅に届く。

個人宅集荷

 お直しに出したい衣服を自宅へ集荷に行く。「fitu」ECサイトにてオンラインで注文、集荷の依頼を済ませることが可能なため、自宅にいながら気軽に申込みができる。また、佐川スマートクラブを活用することで一般料金の集荷、配送料金より格段に安い送料を実現している。

法人向け裾上げ、丈詰めUXの提供

 一般ユーザー向けのサービスとともに、平行してEC事業者様向けのサービスも開始。新品、古着問わずさまざまなECサイトで販売している衣服のUXに「fitu」の機能を追加できる。今後はAPIを活用した各ECサイトとの連携も実装を予定している。将来的には実装したEC事業者にデータのフィードバックを行い、無駄のない生産体制の構築をサポートすることを目指す。

「fitu」という名前にした理由

 fituという名前は「fine-tune」の頭の文字を取って「fitu」というサービス名に。fine-tuneは「(最高の性能を出すために)微調整する、(小規模な調整で経済を)安定させる」という意味をもつ。fituには「衣服を微調整することで、着用機会の創出を図り、1着を長く着続けることを目指す」という想いが込められている。

「fitu」で目指す1着を長く着る社会

 現在ファッション業界では、大量生産・大量廃棄による深刻な環境への負荷が問題視されています。同社はそうした実態と向き合い、新しく作るのではなく、今あるものを微調整するというアプローチで作られている衣服を長く着用できる状態を目指す。今回の第1弾裾上げ、丈詰めサービスから始まり、今後はリペア、リメイク、染色などの衣服を長く着用し続けるためのサービスやコンテンツを提供していくとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12101 2022/12/05 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング