SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

クリスマスイベントにかける平均金額2万1,331円 子どもへのプレゼントは「ゲーム」/インテージ調査

 インテージは、クリスマスシーズンを前に、全国の15歳から79歳の男女(2,101人)を対象に実施した調査結果を公開した。

 現在予定しているクリスマスの贈り物やお買い物、イベント(食事会・パーティや旅行を含む)について予定があるかを聞いたところ、「クリスマスになんらかの予定がある人」は全体では47%となった。男女別でみると女性は53%が「予定がある」と回答しており、男性よりも12ポイント高い。

 クリスマスの予定について内訳をみると、「クリスマスプレゼントの購入(自分用を含む)(30%)」や「自宅でのクリスマスパーティ(25%)」が多い。

 さらに2019年、2020年、2021年と3年間の変化をみると、新型コロナの第3波感染拡大の渦中にあった2020年のクリスマスに対してすべての項目が増加。「自宅でのクリスマスパーティ(25%)」がコロナ前の2019年を上回っている一方で、「クリスマスイルミネーションを見に行く(5%)」や「レストランなど飲食店で食事をしたりパーティ(4%)」といった外出や移動を伴うイベントについては、2020年よりも増加したものの2019年より大きく減少している。

 プレゼントや食事、旅行といったクリスマスを機会としたイベントにどのくらいの支出をするか質問したところ、平均金額は21,331円と2020年から4,700円ほどアップ。

 今回の調査結果と15~79歳の推定人口から「クリスマス関連市場規模」を試算したところ、2019年は2兆1,456億円、2020年 は1兆6,220億円(前年比76%)、2021年の見込みは2兆816億円(前年比128%)となった。2019年と比較すると97%と下回ったが、生活者の予算は2019年度並みに戻りつつあるようだ。

 クリスマスのプレゼントを贈る相手を聞いたところ、「子ども」との回答が半数の50%を占めた。次いで「夫・妻」が37%となっています。また、ご褒美消費とも呼ばれる「自分用」のクリスマスプレゼントも1割ほどある。年代別にみると、30~40代では「子ども」、「夫・妻」というご家庭内でのプレゼントが多くを占めます。また、10~20代に目を移すと「恋人」が最も多くなった。

 今年のクリスマス関連のイベントで一番お金をかけるものについて聞いたところ、「子ども向けのプレゼント」は24%と最も高く、次いで、「自宅でのクリスマスパーティ(21%)」が続いた。

 年代別にみると、30~40代は「子どものプレゼント」、あるいは「夫・妻」が高く、10~20代は「恋人へのプレゼント」が高い傾向に。また、10代においては男女ともに「自分用のプレゼント」が他の世代と比較して高くなっているのも特徴的である。

 「子ども向けのプレゼントに一番お金をかける」と答えた人にプレゼントに予定しているものを尋ねたところ、「ゲーム」が35%と最も高く、ゲームの購入予算の平均金額をみると「12,085円」になった。

 今年のクリスマスの過ごし方に関する考えや行動について尋ねたところ、「家族や恋人など少人数で会食程度に留めたい」が3割弱を占める。また、「少人数でも会食などはしない(10%)」や「繁華街など人の多い場所には近づかない(21%)」といった感染への警戒心からの行動抑制も浮き彫りに。さらに、先行きの不安から「あまりお金をかけずに過ごしたい」は27%にのぼり、「それなりにお金を使って楽しみたい」の11%を大きく上回る回答となった。

調査概要

  • 調査地域:日本全国
  • 対象者条件:15~79歳の男女
  • 標本抽出方法:「マイティーモニター(弊社キューモニター+提携モニター)」より母集団構成比にあわせて抽出しアンケート配信および回収
  • 標本サイズ:n=2101
  • 調査実施時期: 2021年12月1日(水)~12月2日(木)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10726 2021/12/13 09:55

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング