SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

初めてレディースファッションを購入した場所「ブランドの店頭」が約3割/10~20代男性対象ラクマ調査

 フリマアプリの楽天「ラクマ」は、同サービスにて直近1年間で「レディースファッション」カテゴリのアイテムを購入した10~20代の男性ユーザー780名を対象に、アンケートによる意識調査を実施した。

初めて「レディースファッション」を購入した場所「ブランドの店頭」が約3割

 「初めて『レディースファッション』のアイテムを購入した場所」(単一回答)について質問したところ、「ブランドの店頭」(30.4%)が最多に。次いで「通販サイト」(20.3%)、「フリマアプリ」(19.0%)、「古着屋」(18.8%)、「セレクトショップ」(11.2%)が続いた。

「レディースファッション」のアイテムを着る理由は「デザインが好きだから」

 「『レディースファッション』アイテムを着る理由」(複数回答)について質問したところ、「デザインが好きだから」(53.3%)が最も多く、次いで「シルエットが好きだから」(34.7%)、「(メンズアイテムに比べて)より綺麗に見えるから」(27.4%)、「サイズ感がフィットするから」(25.4%)、「カラーバリエーションが多いから」(12.9%)、「素材感が好きだから」(12.1%)、という結果で、メンズアイテムにはないデザインやシルエット、カラーに魅力を感じている人が多いことがわかった。

 「その他」に含まれるフリー回答では、「レディース物の方がトレンドが早く入って来る」、「メンズ物より、比較的安いから」という声もあり、レディースアイテムは、流行に敏感な人や、コストコンシャスな男性にも支持されていることがうかがえる。

レディース/メンズにこだわらず、「ファッションは、自分らしく自由に楽しみたい」が9割

 「メンズ/レディースのカテゴリにとらわれず、『ファッションは、自分らしく自由に楽しみたい』と思うか」(単一回答)を質問したところ、合計95.7%が「思う」(84.2%)、「やや思う」(11.5%)と回答した。

「自分の美意識が高い」と思う人は約7割

 「ご自身の美意識について、高いと思うか」(単一回答)と質問したところ、合計71.2%が「高い」(24.6%)、「やや高い」(46.5%)と答えた。

美意識が高い理由は「好きな音楽、アーティストに影響を受けたから」が約4割

 自分の美意識が「高い」、「やや高い」と答えた555人に「その理由」を質問したところ、「好きな音楽・アーティストに影響を受けたから」(42.2%)が最多に。次いで「家族や友人の影響を受けたから」(34.2%)、「SNSなどで、自分の姿が人に見られる機会が多いから」(32.8%)が続く。また、「自分を高めたい、綺麗でいたいから」(2.5%)、「美容を重視する仕事柄だから」(1.4%)、「ファッション・ブランドが好きだから」(1.4%)という回答もあった。

コロナ禍で美意識が高まった人は約6割

 「コロナ禍で、ご自身の美意識が以前よりも高まったと思うか」(単一回答)を質問したところ、合計58.5%が「高まった」(25.5%)、「やや高まった」(32.9%)と回答。「高まった」、「やや高まった」と答えた456人に、「その理由」(複数回答)を聞いたところ、「心身の健康をより重視するようになったから」(58.8%)が最多となった。次いで、「コロナ禍が明けた時に、より自信を持ちたいから」(40.8%)、「オンライン会議・授業などで自分の顔を見る機会が増えたから」(14.5%)が続いた。

好きな服を着こなすために自分磨きをしている人は約7割

 「好きな服を着こなすためにしていること」(複数回答)を質問したところ、全回答者の73.3%が何らかの自分磨きをしていると回答。最も多かったのは「脱毛やスキンケア」(38.8%)、次いで「ヘアケア」(34.6%)、「運動」(33.6%)、「食事に気を配る」(26.5%)、「内面磨き(読書など)」(17.9%)という結果になった。

調査概要

  • 調査エリア: 全国
  • 調査対象者: 楽天「ラクマ」ユーザー
  • 回収サンプルサイズ: 780サンプル
  • 調査期間: 2021年11月17日(水)から11月24日(水)
  • 調査実施機関: 楽天「ラクマ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10705 2021/12/09 13:57

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング