SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Z世代のZOZOテク社員が語る 中国EC最新トレンド

必要なのは人とのつながりと体験の充実化 中国で流行するソーシャルコマースプラットフォームを徹底解剖

 EC先進国として、コロナ禍においても大きく成果を上げる中国。文化の違いはあれど、日本のビジネスにも活かせるポイントがあるのではないかと研究を重ねる株式会社ZOZOテクノロジーズの齋藤さん、楊さんが中国ECトレンドについて語ります。ふたりは今回、中国のソーシャルコマースプラットフォームにフォーカス。SNSとの親和性が高いZ世代に人気なアプリの特徴を解説します。

 前回の記事では、EC先進国である中国の最新EC事情についてお話ししました。中でも「ソーシャルコマースプラットフォーム」といった、ユーザー間でのシェア・交流・クチコミをメインとしたECアプリが数多く存在することは大きな特徴と言えます。これらの流行背景には中国のライフスタイルや文化が大きく関係しており、テクノロジー・機能・ユーザー体験の面でも、今後さらなる進化を遂げると予想されます。

 今回は、ソーシャルコマースプラットフォームによりフォーカスし、流行の背景やZ世代に人気な主要アプリの特徴についてご紹介します。日本ではあまり見ることのない購買の仕組みやユニークな機能も多いため、新しい発見につながるはずです。

そもそもソーシャルコマースプラットフォームって何だろう?

 ソーシャルコマースプラットフォームとは、ソーシャルメディアのプラットフォーム上でショッピングができる機能を指します。従来は、ソーシャルメディアで友人やインフルエンサーの投稿や、一般ユーザーのクチコミなどを確認し、気になった商品があれば一度離脱し、ECサイトを開いて検索・購入という流れを踏む必要がありました。しかし、ソーシャルコマースプラットフォームでは、クチコミや投稿を見たその場で購入希望の商品を選択し、そのまま決済まで行うことができます。

 ソーシャルコマースプラットフォームは、認知から購入までの流れを従来よりもシームレスにしています。ユーザー・ブランドともにメリットが多く、中国では若い世代をはじめとして利用者が増えています。

 なお、中国のソーシャルコマースプラットフォームにおける取引額は、2020年で4兆元(日本円で約63兆円)を超えると言われており、前年比増加率は80%と劇的な成長を遂げています。2020年上半期においては、ECにおける購入の35%がソーシャルコマースプラットフォーム経由となっており、近年台頭したプラットフォームにもかかわらず大きな割合を占めています。2020年は、新型コロナウイルス感染症流行の影響でEC購入がより一般的になったことが後押しとなり、7.5億人の消費者へソーシャルコマースを用いたサービスの提供が行われるのではとの見込みが出ています。

※中国服务贸易协会社交电商分会による「2020社交电商发展报告」を基に作成

 中国におけるソーシャルコマースプラットフォームの種類は、「内容型」「共同購入型」「会員型」「コミュニティ型」の大きく4つにわけることができます。図表は4つすべてを含む数値となりますが、今回の記事では主に内容型のプラットフォームについて解説を行います。

 中国でここまでソーシャルコマースプラットフォームが大衆化した背景は、いったい何なのでしょうか。この問いに対する答えは、中国に根づく「人軸で商品を認知し、興味を持つ」という文化が大きく関係していると言えます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
中国で注目されるアプリの特徴は3つ 市場把握や販促に役立てよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Z世代のZOZOテク社員が語る 中国EC最新トレンド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ZOZOテクノロジーズ 齋藤春奈(サイトウハルナ)

 2019年、ZOZOテクノロジーズに新卒入社。現在はWEARのプロダクトマネージャー、ライブコマース関連企画を担当。過去に自社メディア「ZOZO FashionTechNews」の中国関連記事のライティングなども担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

株式会社ZOZOテクノロジーズ 楊念(ヤンニエン)

 中国安徽省生まれ。大学時代、日中のコミュニケーションや言語学を研究。2020年ZOZOテクノロジーズ新卒入社。現在はZOZOTOWNのプロジェクトマネージャーを担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8569 2020/12/21 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング