記事種別

「インク革命.COM」のシー・コネクト嶽本さんに聞く!越境ECやオープンIDなど、自社ECサイトは総合力で勝負する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/17 08:00

「インク革命.COM」など、自社ECサイトをコアビジネスに据えるシー・コネクト。楽天市場やAmazonが存在感を増し、老舗有名企業もEC化を進めるという環境下で、自社ECサイトのベンチャー企業としてどのように事業展開していくのか。代表の嶽本さんにお話をうかがった。

「インク革命.COM」、楽天市場に出店はオムニチャネルの一環

――自社ECサイトを中心に展開されてきた御社が、「インク革命」で楽天市場に出店されましたけど、それはなぜですか?

 「オムニチャネルの一環というか。『インク革命 楽天』でよく検索されているんです。当社は自社サイトに力を入れているので、自社サイトで売りたいのは当然なんですが、楽天市場で購入されたいお客様がいらっしゃるなら、それに合わせるという考えです。

 ただし、楽天でも自社サイトで実施しているクオリティのサービスを提供する、それが実現できるまでは出店しない、というのは決めていました。たとえば自社サイトでは、11時までのご注文は当日、19時までの場合は即日出荷でご提供しています。楽天でも翌日配送サービス『あす楽』を採用するなど、ロジ回りのサービスのクオリティを高く保つようにしました。仕様が違うので、完全に同じというわけにはいきませんが」

インク革命.COM http://ink-revolution.com/

――改めて、なぜ自社ECサイトでやられているのかお聞かせください。

 「自由度が高く、他への依存度が低いからです。モールをメインにすると、将来拡大したり、多角化するときに大変だなと思いました。当社のECサイトは、オープンソースのカートを使って自社で構築していますし、リスティング広告もインハウスです。ほかにも、多くのECサイトがアウトソーシングしているような、ロジ周りやコールセンターも自社でやっています。

 すぐに売上を上げたければ、当社もアウトソーシングしたと思います。でも、回り道をしたことによって、ECサイト構築から業務システム、物流のところまで、EC事業のパッケージとして他社に販売してもいいくらいのレベルにまで高められました。

 この仕組みを使って、どんどん横展開していきたいと考えています。最近では、天然素材の布ナプキン専門サイト『nunona』という新しいECサイトを立ち上げました。社員が店長になって徹底的にやりたい!と思う商材を選んで、どんどん任せていきたいです。

 そもそも、ECで起業したのも、インクを商材に選んだのも、マーケットインの考えかたでした。すでに商材があるからそれをECで売るといったビジネスではなく、ECで成長し続けるための選択ができるのが当社の強みです」

株式会社シー・コネクト 代表取締役 嶽本泰伸さん

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5