SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インバウンドビジネス最前線

「ハラール認証が目に入らぬか」ではお客様は来ない ハラール・ヴィーガン対応の失敗・成功3つのポイント

 2014年からハラール対応の企業を増やすことに全力を注いできたフードダイバーシティ株式会社 代表取締役 守護彰浩氏。今や東京、京都、大阪ではハラール対応は当たり前で、よりおいしいハラール食を求めるムスリムが増えているとか。数々の実績を上げてきた守護氏がハラール対応で成功するための秘訣を公開してくれた。

大都市圏だけでなく、地方こそハラール対応が求められている

――インバウンド対応について関心のある日本の読者に、ハラール食の現状について教えてください。

守護 ムスリム(イスラム教徒)は16億人いると言われており、世界の4分1を占めていることを皆さん、ご存じですか? サウジアラビアやUAEなどの中東に多いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は6割以上が東南アジアなんです。ムスリムは隣国である中国にも、日本にもいます。身近な宗教であることをぜひご理解ください。

 弊社が運営するハラール、ビーガンなどの情報を発信するサイト「food diversity today」のアクセスの7割が、インドネシア、マレーシア、シンガポールからです。それらの国々から、多くの人たちが日本に訪れています。ビザの緩和やLCCに加えて、「日本でハラールの和食が食べられる」という情報が多く発信されていることも一因ではと考えています。

 数年前と比較すると、東京・京都・大阪に関しては、「ハラール対応のお店を教えてください」ではなく、「ハラール対応のおいしいお店を教えてください」というお問い合わせが増えてきました。いわゆる「Can eat」のステージが終わり「Want to eat」の時代に入ったわけです。私はこれが健全な状態であると思っています。もう、単にハラール対応しているという理由だけで、ムスリムのお客様から選んでもらえなくなっていて、販売戦略が必要なのです。とくに弊社がある台東区はハラール飲食店の激戦区です。

フードダイバーシティ株式会社 代表取締役 守護彰浩氏

――フードダイバーシティでは、台東区とハラール取り組みをされたようですね。

守護 2015年にスタートしたプロジェクトで、丸5年経ちました。5年前はハラール対応をしているレストランはほとんどありませんでしたから、在住のムスリムの方たちは、自炊かインドカレー、ケバブなどしか選択肢がない状態でした。そこで台東区とともにハラールレストランを増やすための取り組みを始めたところ、当初は世界各地で起きるテロなどの影響もあり、各方面から反対や非難の声があったのは事実です。

 店舗の皆さんもあまり馴染みがない宗教ですから、はじめはなかなか受け入れていただけませんでした。ムスリムの方たちの協力を得て勉強会を開いたり、1店舗1店舗私たちが間に入ってわかりやすく説明をしたりと、少しずつ理解を深める努力を重ねました。それが実ってか、気づけば台東区には、ラーメン、焼き肉、寿司、日本料理、ジャパニーズカレーなどのハラール店舗がたくさんできていました。今では浅草エリアは、東南アジアの旅行会社さんから、観光できてハラール食も食べられる「1日楽しめる街」として認識されています。

――大都市圏はハラール対応レストランが増えているようですが、地方はどういう状況ですか?

守護 実は、まだまだハラール対応できていません。私は、地方こそハラール対応を強化すべきだと思い、連日講演に通っています。ただし、すでに地方にもハラールで成功した例はたくさんあります。

 たとえば、栃木県佐野市にある佐野ラーメン「日光軒」は、ハラールのラーメン、餃子が食べられることでムスリムの方たちの人気店になっています。もともと工場やモスクなどが多くあるエリアですから、在住のムスリムの方が多くいらっしゃいました。インド、バングラディッシュ、パキスタンなどで人気のスポーツ、クリケットの国際マッチを行うことができるスタジアムもあるほどです。そういった背景もあり、日光軒さんがハラール対応を始めると、たちまちムスリムの方たちの間で話題になりました。そのクチコミがどんどん広がり、インバウンドのお客様も訪れるようになったのです。

 日本人客も普段どおり来店しているのですが、ハラール対応をしていることも知らない方もいます。メニューの片隅に「ハラール対応メニューあります」と書いてある程度だからでしょう。飲食店の経営を考えるうえでは、ハラール食を求めるムスリム客も取りつつ、日本人客にも来ていただくことが重要だということも忘れないでください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ハラールの壁を乗り越えたら、次は9億人いるベジタリアンに向かおう

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インバウンドビジネス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浦澤 修(ウラサワ オサム)

ライター・編集/株式会社オージャパン 代表取締役 浦澤修

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7632 2020/04/20 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング