SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

川連一豊のつれづれEC日記

米国小売ではオムニチャネルは当たり前 いかに顧客とつながるかが焦点[IRCE2014レポート第1回]


JECCICA代表理事の川連さんがECに関するその月のトピックスをお届けします。第1回はIRCE2014のレポートをお届けします。

行ってきました!シカゴ 私がIRCEに参加するワケ

IRCE

 IRCEは、Internet Retailer Conference & Exhibition。今年で10年目を迎える世界最大のEコマース事業者のための勉強会と展示会です。前回参加したのが2009年。3年ぶりに訪れたところ、ずいぶん大きいイベントになったなという印象でした。

 今年は「CHANGING CONNECTING CREATING」をテーマに、2014年6月10日~13日の4日間開催されました。キーノート4つと16のワークショップ、合計で150以上のセッションがあります。展示会場は600ブースあり、オムニチャネルやフルフィルメントサービス、クロスボーダー、ソリューションサービスなどEコマース関連のサービスが一同に揃っている感じです。

 シカゴのマコーミックプレイスの西館をすべて使い、メインのキーノート会場だけでも5,500人が入る規模です。会場と直結するハイアットリージェンシーはもちろん、近くのホテルは完売。来年行かれる場合は、早めの予約をオススメします(ちなみに私は2月に予約しました)。

 このイベントになぜ私が参加しているのかというと、ずばり、日本のEコマースの未来を予測できるからです。もちろん、毎回ドンピシャというわけにはいきませんが、方向性は間違いなく合っています。アメリカで流行ったものが日本に来る。ソフトバンク孫さんの言葉を借りれば、「タイムマシン経営」ができるのです。

IRCE

 それはそうと、米国Eコマース関連の企業は、思った以上に日本を相手にしていません。日本と言ったら、無視されるか他の話題になります。彼らが米国が相手しているのは、中国であり、アジア全体であり、ロシアやEUです。さびしいですね。イベントに参加する時は、「米国進出します!」みたいなモードでぜひ、お願いします!

オムニチャネルは当たり前 その上でどう顧客とつながるか

 私が今回チェックしたのは、Eコマーステクノロジー、リテールチェーン、Eマーケティング、スモールリテイラー、デザイン&マーチャンダイジング、モバイルEコマースあたりのテーマです。

 細かいテクニックうんぬんの前に、私の私感ですが、米国Eコマースの全体の動向としては、以下3つがポイントとなっている感じがします。

  1. オムニチャネル、クロスボーダーは当たり前
  2. ロイヤリティではなく、エンゲージ 「She’sSocail」の言葉が印象的
  3. 3つのF FUN,FAST,FRESH(楽しく、速く、新鮮に)

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
1.オムニチャネル、クロスボーダーは当たり前

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
川連一豊のつれづれEC日記連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

JECCICAジャパンEコマースコンサルタント協会 代表理事 川連 一豊(カワズレ カズトヨ)

楽天ショップの店長時代、商品企画から行った低反発枕が大ヒットし、楽天から「低反発枕の神様」と呼ばれる。 2003年に楽天ショップ・オブ・ザ・イヤージャンル賞受賞し、 楽天にて、モバイル講師 HTMLメルマガ講師を行う。2004年7月に独立し、自身の経験からネットショップ支援を行う有限会社SAVAWA...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/741 2015/10/28 16:38

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング