SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アパレルECの今を語る

ECひと筋14年のSHIPS萩原さんと考える 「らしさ」を起点にした自社ECサイト運営

 アパレルEC関連のさまざまなゲストをお招きし、ビジョナリーホールディングス(メガネスーパーの親会社)でEC・オムニチャネル推進を統括する川添隆さんと対談していただくこのコーナー。第21回は、株式会社シップスでデジタルマーケティング課の責任者を務める萩原千春さんが登場です。

デジタルマーケティングを包括的に担う SHIPSの自社ECチーム

川添(ビジョナリーホールディングス) アパレル企業のEC担当者は、新卒入社の場合、店頭や別の部門から異動される場合が多いですが、萩原さんは最初からECのご担当だったんですか?

萩原(シップス) はい。入社したタイミングではEC事業部がまだなく、販促部署が管轄でしたので、そこに所属しました。当時は僕を含めて最小2名しかメンバーがいなかったので、モールの出店や運営はもちろん、ささげも自分たちの手で測って行っていました。

川添 萩原さんが入社された2006年頃ですと、実績や社内での浸透はまだこれからという時期だったと思います。社内におけるECの立場はどんな感じだったのでしょうか?

萩原 EC事業部が立ち上がる前からセレクトスクエア(現 タカシマヤファッションスクエア)やZOZOTOWNには出店していたものの、当時はECという言葉すら浸透していなかったので、店舗のみならず、本部内でも「何それ、誰が買うの?」という状況でした。

川添 そのときからお客様、社内、お取引先の各状況は大きく変わっていると思いますが、萩原さんがご覧になってどこが一番変わったと思われますか?

萩原 よくいうスマホの普及など、お客様の間でECが認知されてきたのはもちろんですが、それ以外で挙げるなら、事業者側の売りかたが多様化したと思います。2006年から2010年にかけて予約販売の仕組みが確立され、また後に生まれた取り寄せ販売もそうですが、本当に欲しいものは「すぐに届くことがマストではない」という認識が生まれたことで、事業者側の打ち出しから生産ロジックなども大きく変わったのではないでしょうか。

川添 2名でスタートしたEC事業部は、現在何名体制になっているのでしょうか。

萩原 EC事業部は現在デジタルマーケティング部に属しており、30名ほどのメンバーがいて、主に商品とモール運営を管理しています。自社ECもそのチームが運営していたのですが、今は全社的なデジタルマーケティングとの兼ね合いもあり別のチームに分かれていて、僕も現在はデジタルマーケティング課として分かれたチームのほうにいます。自社EC運営に加え、ウェブやSNSのプロモーション、アプリ、クリエイティブやコンテンツなどの制作系、メールやMAを使ったコミュニケーションを担当しているメンバーの計6名ですね。

川添 その業務量を6名で回しているんですか!驚きです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
大規模サイトリニューアルで実現する 店舗とECの両立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アパレルECの今を語る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ビジョナリーホールディングス(メガネスーパー) 取締役 CDO・CIO 川添 隆(カワゾエ タカシ)

千葉大学デザイン工学科卒。販売、営業アシスタントとしてサンエー・インターナショナルに従事後、ネットビジネスを志しクラウンジュエルでささげ業務から企画、PR、営業まで携わる。2010年にクレッジに転じ、EC事業の責任者としてEC事業を2年で2倍に拡大。その後2013年7月より現職。EC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。EC事業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

渡辺 佳奈(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、現在はコーヒーショップで働く傍らライターとしても活動する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7096 2019/11/13 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング