SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2019 Spring レポート

[イベントレポ] PAY高野さんとコイニー佐俣さんが語る、これからの決済の捉えかた


 ECzine編集部では、2019年3月19日(火)に東京・秋葉原コンベンションホールでイベント「ECzine Day 2019 Spring」を開催。クロージングセッションには、PAY株式会社 代表取締役CEO 高野兼一さん、コイニー株式会社 代表取締役社長 佐俣奈緒子さんが登壇した。『2018年キャッシュレス総まとめ~2020東京五輪に向けて決済はどうなる!?~』と題し、編集部がインタビューする形でセッションを行った。

2018年の決済を振り返る 印象に残っている出来事とは

 「2018年リテール界隈で話題になったものといえば?」という問いに対し、「キャッシュレス」と答える人も多いのではないだろうか。経済産業省が、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%に高める方針を打ち出したことを受け、その機運は日に日に高まっている。今では、様々な決済サービスも登場している。

 本セッションではPAY・高野さんとコイニー・佐俣さんのおふたりをむかえ、2018年の決済関連のトピックの振り返るとともに、今後の決済についての見解を伺った。

キャプションキャプションキャプション

(左)PAY株式会社 高野兼一さん
(右)コイニー株式会社 佐俣奈緒子さん

―――はじめに自己紹介をお願いします。

高野 PAYの高野と申します。PAY株式会社では、PAY.JPというオンライン決済サービスと、PAY IDというID型の決済サービスを提供しています。PAY.JPは簡単で安くて敷居が低いことが特徴となっているため、スモール系のスタートアップ企業や個人の方に幅広く利用していただいています。

佐俣 コイニーの佐俣です。Coineyは、スマホやタブレットと専用の決済端末を使用したオフライン決済のサービスをメインに、オンライン決済のサービスなども提供しています。2018年2月にはECショップ構築サービスを提供する「ストアーズ・ドット・ジェーピー」と経営統合し、ホールディングスとしては、キャッシュレス決済サービスとオンラインストア運営サービスを開発・提供する「hey」の経営もしています。

―――まずは、「2018年の決済関連の話題で印象に残っている出来事」について伺っていこうと思います。高野さんは、なにが印象的でしたか?

高野 ひとつめは、ECの成長率を上回るほどの不正決済の増加です。下記の経済産業省のデータを見てみると、ECの成長と同時に不正決済も増加しているのがわかります。2018年には「クレジットカードの非保持化」など、経済産業省からのセキュリティに関する施策が各事業者さんに通達されるなど、国としてもセキュリティに関する様々な施策を打っています。こういった不正にどう対応していくかは、EC事業者さんとしても今後さらに重要になっていくと思います。

もうひとつは、本人確認の緩和により、オンラインで決済が完結可能になったことです。キャッシュレスというより金融全般の話になりますが、2018年11月に犯罪収益移転防止法の施行規則を改正が改正され、本人確認の方法が緩和されました。オンライン上で免許証や銀行口座を紐付けて本人確認が完了できるようになったことで、特にリテール界隈から様々なサービスが生まれてくるのではないでしょうか。

佐俣 オフラインの視点でこの1年を振り返ったとき、新規のウォレットプレイヤーがすごく増えたことと、100億円単位の投資などもあり、キャッシュレスの認知度が一気に進んできたというのが、大きなトピックスだったのではないかと感じています。

これまではクレジットカードと電子マネー、ふたつのどちらかを用意しておけばキャッシュレスにほぼ対応できていましたが、キャッシュレスの普及にともない、今後はそこにコード決済も間違いなく入ってくるでしょう。EC事業者さんに関しても、これまでの決済方法に加えて、コード決済への対応が、今後取り組むべき課題のひとつになると思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2020年の決済の動向は? 「不正対策」と「スモールビジネスのキャッシュレス化」がカギ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2019 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6602 2019/05/15 09:10

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング