記事種別

便利な機能より『通販生活』の思想をいかにインターネットに乗せるか カタログハウス上條篤さんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/30 08:00

お金を払ってでも、カタログを定期購読したいと思わせる『通販生活』。そんな通販生活にとって、ECサイトはどのような役割を担っているのだろうか。同社のウェブシステムを担当する、上條篤さんにお話をうかがった。

カタログ定期購読型『通販生活』のECサイトの位置づけ

――上條さんのお仕事と、御社のECサイト運営について教えてください。

 「4月から組織が変わりまして、私はネットアンドリスト事業部にウェブシステム担当のゼネラル・マネージャーとして所属し、ECサイトの運営を担当しています。ECのシステムは基幹システムとは別に、サブシステムのような位置づけにあり、リアルタイムで連携しています。ECシステムを管理し、カタログの誌面や企画ができたら、デザインしたりコーディングしたりというのが私の仕事です。

 組織が変わったのも、これまで新規のお客様には、主に紙のカタログを定期購読いただく形をお勧めしていましたが、これからはインターネットから直接流入してこられる方たちをもっと獲得していこうということで、このような体制になりました。

通販生活
http://www.cataloghouse.co.jp/

 とはいえ、インターネットからのお客様も、大半が『通販生活』や『カタログハウス』という、当社のブランド名で検索されています。ECサイトを今後伸ばしていくとしても、『通販生活』のイメージは先行しますので、まだお付き合いのないお客様にそれをどう知っていただくかが課題です。そういう意味でも、紙とウェブを一緒にやっていこうということになったんですよね」

――そもそもECサイトを立ち上げたきっかけを教えてください。

 「ECサイトの立ち上げは2000年で、カタログを定期購読してくださっているお客様向けのサイトでした。お客様番号とカタログの商品番号を打ち込まないと購入できない、当社とまったく接点がないお客様は、サイトで商品を見ることすらできないというものだったんです。

株式会社カタログハウス
ネットアンドリスト事業部 ウェブシステム担当
ゼネラル・マネージャー
上條篤さん

 それからだんだんインターネットというものが普及してきて、お客様の中にもインターネットを使う方が増えてきたので、いわゆる普通のECサイトっていうのを試してみようと、2000年から始めていたサイトとは別に、2006年に試験的に『火曜だよ、通販生活』を立ち上げました。

 とはいえ、1冊180円でカタログを買ってくださっているお客様もいる。そこに掲載されている情報を無料で見られるサイトがあるのはどうなんだという怖さもありました。そこで、定期購読してくださっているお客様にアンケートをとったところ、否定的な答えは一切なく、むしろ検索できたほうが便利だというお声が圧倒的でした。

 そこで会員向けサイトと『火曜だよ、通販生活』を統合して、2010年に完全なECサイトとして、もう一度リニューアルしたんです。2012年にもう一度リニューアルして、完全に紙の『通販生活』と同じにし、丸2年間というところです」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5