SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

多店舗展開時代のアプローチ方法

手間削減だけでなく、広告効果アップも! 店舗展開に欠かせない商品データの重要性とデータフィード


検索エンジンの変化により、これまでのSEO対策が通用しにくくなっています。最終回となる今回は、いよいよ商品データとデータフィードについてです。

 第1回第2回で考察した通り、今後のECサイトの運営においては、検索エンジンの変化・ユーザー接点の分散化により、特定のモールのみへの出店・リスティングやSEO対策など特定施策だけを実施するだけでは不十分であり、多店舗展開が必要であると考えます。

 そこで第3回では、多店舗展開に欠かせない「商品データの重要性」と「データフィード」について紹介したいと思います。

多店舗展開における、商品データの重要性と活用の課題

 多店舗展開するにあたり、商品データをどう活用していくかが重要になります。

 在庫状況・最新価格の反映など、基本的な商品情報を最新状態に保つのはもちろんのこと、配信先に合わせて最適な商品情報を提供していくことが必要です。

 例えばGoogle商品リスト広告なら、商品カテゴリを細かく設定することで表示される確率が高くなります。そのためには、商品データに商品カテゴリが細かく登録されている必要があります。

 ベースとなる商品データをしっかり管理することで、はじめて多店舗展開が実現でき、かつ成果も上げやすくなるのです。

 しかし、商品データを管理していくには、2つの大きな課題があります。

課題1:出店先・出稿先が増えることにより商品データ管理が煩雑になる

 当然ですが、出店先・出稿先が増えれば商品データの提供先が増えるので、提供先ごとに在庫管理・価格管理などを行う必要があります。

 すべての提供先で商品データを最新の状態に維持するには、多くのコストがかかり、多店舗展開する際のボトルネックになります。

課題2:システム部門との連携がうまくとれない

 商品データを活用するのはマーケティング関連を管轄する部門ですが、実際の商品データの管理はシステム部門が行っているのではないでしょうか。

 そのため、出店先・出稿先を増やすたびにシステム部門へ商品データの抽出を依頼していると、システム部門の作業状況によっては、商品データを抽出するのに長い時間や高いコストが発生してしまいます。そのため、多店舗展開が遅れたり、もしくは多店舗展開が実施できなくなってしまいます。

 このように商品データを管理することは重要ですが、実際は大きな課題があり簡単には実現できません。

 そこで、これらの課題を解決し、商品データを有効活用するための仕組みが「データフィード」です。データーフィードを活用することで、上記課題を解決し多店舗展開をスピーディーに効率よく実現することができるのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
データフィードとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
多店舗展開時代のアプローチ方法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社フィードフォース Feedmatic事業責任者 澤井和弘(サワイ カズヒロ)

2001年から2011年まで、求人メディア運営会社にて営業・営業企画・ウェブマーケティング等を担当。2012年に株式会社フィードフォースに入社。商品データ最適化サービス「DF PLUS」やオウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」のマーケティングを行う。現在はダイナミック広告に特化した...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/528 2014/05/14 15:31

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング