記事種別

リスティング、モール出店だけでは不十分 ユーザー接点の分散、3つの理由

第2回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

検索エンジンの変化により、これまでのSEO対策が通用しにくくなっています。第2回は、ユーザー接点の分散化について見ていきます。

 第1回では、「検索」の視点から多店舗展開の必要性について紹介しました。今回は、「ユーザーの分散化」という視点から見ていきたいと思います。

ユーザー接点の多様化による、集客方法の変化

 自社ECサイトの集客や売上げアップのために、SEO対策、リスティング広告の運用、アフィリエイト広告の出稿、楽天市場など主要ECモールへの出店を行っている方も多いかと思います。

 しかしながら現在は、ユーザーとの接点が分散化する傾向にあります。上記のように、SEO対策だけ、リスティング広告だけ、楽天市場だけ、といった集客・出店戦略では不十分です。

 ユーザー接点が多様化している背景と集客方法の変化について、「端末の多様化」「ECモールの乱立」「広告配信の進化」の観点から考えていきたいと思います。

ユーザー接点多様化の理由1:端末の多様化

 数年前までは、ユーザーがサイトにアクセスするにはPCかフィーチャーフォンくらいしか選択肢はありませんでした。 ところが、現在ではスマートフォン、タブレット端末が加わり、アクセスする端末が増えています。

 スマートフォン・タブレット端末でユーザーは、いつでもどこでもさまざまな情報を、フィーチャーフォンに比べて多く取得できるようになりました。PCを中心に考えた集客ではなく、スマートフォンやタブレットを意識したマーケティング戦略が必要になったのです。

ユーザー接点多様化の理由2:ECモールの乱立

 ここで改めて、主要ECモールの「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」について、集客方法を中心に、簡単に確認しておきたいと思います。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:多店舗展開時代のアプローチ方法

2017年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5