SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

多店舗展開時代のアプローチ方法

リスティング、モール出店だけでは不十分 ユーザー接点の分散、3つの理由


検索エンジンの変化により、これまでのSEO対策が通用しにくくなっています。第2回は、ユーザー接点の分散化について見ていきます。

 第1回では、「検索」の視点から多店舗展開の必要性について紹介しました。今回は、「ユーザーの分散化」という視点から見ていきたいと思います。

ユーザー接点の多様化による、集客方法の変化

 自社ECサイトの集客や売上げアップのために、SEO対策、リスティング広告の運用、アフィリエイト広告の出稿、楽天市場など主要ECモールへの出店を行っている方も多いかと思います。

 しかしながら現在は、ユーザーとの接点が分散化する傾向にあります。上記のように、SEO対策だけ、リスティング広告だけ、楽天市場だけ、といった集客・出店戦略では不十分です。

 ユーザー接点が多様化している背景と集客方法の変化について、「端末の多様化」「ECモールの乱立」「広告配信の進化」の観点から考えていきたいと思います。

ユーザー接点多様化の理由1:端末の多様化

 数年前までは、ユーザーがサイトにアクセスするにはPCかフィーチャーフォンくらいしか選択肢はありませんでした。 ところが、現在ではスマートフォン、タブレット端末が加わり、アクセスする端末が増えています。

 スマートフォン・タブレット端末でユーザーは、いつでもどこでもさまざまな情報を、フィーチャーフォンに比べて多く取得できるようになりました。PCを中心に考えた集客ではなく、スマートフォンやタブレットを意識したマーケティング戦略が必要になったのです。

ユーザー接点多様化の理由2:ECモールの乱立

 ここで改めて、主要ECモールの「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」について、集客方法を中心に、簡単に確認しておきたいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
多店舗展開時代のアプローチ方法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社フィードフォース Feedmatic事業責任者 澤井和弘(サワイ カズヒロ)

2001年から2011年まで、求人メディア運営会社にて営業・営業企画・ウェブマーケティング等を担当。2012年に株式会社フィードフォースに入社。商品データ最適化サービス「DF PLUS」やオウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」のマーケティングを行う。現在はダイナミック広告に特化した...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/458 2014/10/27 17:27

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング