SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

アプリリリースひと月でPVがPC超え!キナリノに聞く、メディアコマース成功の秘訣

 いっとき、バズワードとなったメディアコマース。モール時代から「店長ブログ」もあり、ECには相性が良いように見えるが、実は体力が必要な販促だ。そんななか、存在感を持つのが”暮らし”をテーマにした、ライフスタイルメディア&モール「キナリノ」。意外に思う人もいるかもしれないが、カカクコム社のサービスだ。サービスを立ち上げ、事業を統括する渡部智之さんに話を聞いた。

暮らしがテーマのライフスタイルメディア&モール「キナリノ」
立ち上げた渡部さんにインタビュー

 ――まずは、渡部さんのご経歴からおきかせください。

キナリノ渡部さん
キナリノを立ち上げ、新サービス5つを統括する渡部智之さん

東京工業大学の大学院を出て新卒でNTT東日本に入り、4年半勤めたあとでカカクコムに入りました。2年ほど食べログにかかわったあと、一度退職し、起業したのですが全然うまくいかなくて。失敗したままでは終われないと、カカクコムの新規事業準備室に戻らせてもらってキナリノを立ち上げました。今はキナリノのほかに、スマイティ、イコット、レシぽん、求人ボックスの全5サービスを見ています。

――キナリノ立ち上げのきっかけや経緯を教えてください。

キナリノは2014年6月にスタートしました。当時、雑誌全体の売上が落ちているなかで、『リンネル』や『& Premium』などの雑誌は伸びていました。こうしたテイストは、言わばライフスタイルの「究極系」だと考えています。たとえばリンネルのようなナチュラル系ファッションは、一度ハマると抜け出せない。ハイヒールを履いていた人が1度ペタンコ靴を履くと、楽すぎて元には戻れないんです。そういう究極の形が、今後もっと世の中に浸透していくだろうという思いがありました。

また雑誌の場合、細かくセグメントされていてジャンルをまたぐことはほとんどありませんが、実際には『リンネル』が好きな人は『hanako』や『ことりっぷ』『カーサ ブルータス』なども好むと考えられます。そこで、ジャンルをまたいでライフスタイル全般を扱うサービスがあれば支持されるのではないかと考えました。もともと僕自身が、北欧雑貨や北欧インテリア、作家さんの雑貨などが好きだったというのもあります。

――新規事業として、会社に対してどういう形でご提案されたんですか?

価格.comをやっている会社なので、わりと真逆のテイストだと思いましたし、社内で話をしてみても「え?」という感じだったので(笑)、まずはWordPressで簡単な検証用サイトを作りました。Facebookで投稿してみると、ユーザーの反応がとても良かったので、そのデータを出して提案しました。

――集客はソーシャルメディアが中心ですか? 他のメディアと提携などもされているのでしょうか?

最初はソーシャルメディアからですが、現在は約7割が検索流入です。ウェブマーケティングは弊社の強みでもあるので。他メディアとの提携は、スマートニュースさんやグノシーさんに一部取り上げていただくこともありますが、基本的にはしていません。ソーシャルメディアについては、立ち上げ当初はFacebookが主流でしたが、今は圧倒的にInstagramが多いです。初動をうまくとらえるのは集客にとって重要だと思っているので、トレンドはいち早く取り入れるようにしています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
キナリノモール成功の秘訣は「インターネット的」 みんなでつくるコンテンツと世界観

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4712 2017/07/04 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング