SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

メールマーケ、ここがV字回復の転換点

「出す意味あるの?」から二度おいしいコンテンツへ BtoB企業の「一問一答式メルマガ」とは

 「人の心を動かすメールマガジン」のプロ集団・グリーゼには、さまざまなお悩みを抱えたマーケティング担当者がやってきます。今回は、「出す意味あるのかな」と悩みがちなBtoBのメルマガ相談、電子機器メーカーのウェブ担当者からです。

出す意味あるの? 電子機器メーカーからのBtoBメルマガ相談

 依頼人は、某電子機器メーカーのウェブ担当 山田氏(仮称)。主な取引先である、スーパーマーケットや量販店との接触頻度を上げるために「最低でも月に2回は、メルマガを発行せよ」と上長から指示されたものの……。

 「BtoCの会社みたいに新製品がどんどん出るわけでもないですし、セールとかキャンペーンとかやれるわけでもないですし。展示会出展のお知らせなんか読んでも面白くないだろうし……。書くネタがないんですよね。っていうか、そもそもBtoB企業ってメルマガ出す意味あるんですか? 接触頻度を上げるのは、営業に任せておけばいいんじゃないですかね?」と、かなり腰が引けている様子。

 いやいや、BtoB企業だからこそ、メールマガジンを出す意味がある。その理由は……。

 グリーゼの調査によれば、「実に77%ものBtoB企業が、営業担当者と会う前に製品絞り込みを終えている」ことがわかっている。

 つまりBtoB企業の購買行動は、近年、下記のように変化しているのである。

 そうなると、「接触頻度を上げるのは、営業に任せておけばいい」という話は成り立たない。

 お客様に「候補として考えてもらう」「候補を絞り込むときの参考にしてもらう」ために、プッシュ型であるメールマガジンが非常に重要な役割を担うことになるのだ。

 とはいえ、「ネタがない」は、BtoB企業に共通の悩み。

 「新製品がどんどん出るわけでもない」「セールやキャンペーンをひっきりなしに実施できるわけでもない」BtoB企業は、メールマガジンに一体何を書けばいいのだろうか?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
V字回復のための施策(1)BtoBメルマガ、継続できるネタのつくりかた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
メールマーケ、ここがV字回復の転換点連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社グリーゼ 代表取締役 江島民子(エジマ タミコ)

人気企業のメールマガジンを多数手掛ける「人の心を動かすメールマガジン」のプロ集団、株式会社グリーゼ代表。日本オンラインショッピング大賞審査員、SOHOホームページ大賞審査員などを歴任。マイクロソフト社の社会貢献事業「女性起業UPルーム」初代コーディネーター。 全国1535ヶ所で実施された創業塾・経営革新塾の受講者アンケート調査では『講師満足度日本一』の評価を受けている。東京・大阪・福岡・秋田・新潟・仙台・福井・高...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4184 2017/02/06 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング