記事種別

POSレジ選びにもう迷わない! 全体を俯瞰する業界マップと5つの選定ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

導入が進むPOSレジ。小売ビジネスにどのような変化をもたらすのでしょうか。タブレットPOS「スマレジ」を展開する、プラグラムのマーケティングチームが書いていきます。

プレイヤー多数!のPOS業界がひとめでよくわかる

 全4回に渡ってお届けする「POS(Point of Sales)」についての連載の第2回。第1回は POSの役割と、売場にもたらした変化・クラウド型POSレジシステムのメリットなどについて述べました。

 前回の記事を少しおさらいしておくと、 ここ最近、スマートフォンや価格比較サイト・ECの充実によって、 ユーザーのリアル店舗での購買行動が劇的に変化しています。

 昔はただ単に、お店に行き、商品代金を現金で支払うという買い物の流れだったのが、今はまずネットで最安値のお店を調べたり、クーポンを探す等で、来店前に調べる、というアクションが加わっています(オムニチャネル)。

 また、店舗に行った際も、価格比較サイトやECの最安値を提示して値切ったり、その場でチェックインしてクーポンを見せたりできるようにもなりました。さらに、決済手段もカード決済・プリペイド決済・スマホ決済など多種多様になっています。

 そういった背景があり、システム開発企業・レジメーカー・通信メーカーなど、さまざまな企業がユーザーの心理・行動の変化に対応すべく、従来のいわゆるレジスターだけでなく新たなタブレットPOSサービスを提供し始めているのが現在のPOSレジ業界です。

 以下は、筆者が作成したPOS業界のマップです。タブレットPOSサービスはもちろん、各種周辺機器・決済関連の企業を並べました。POS業界についてより、理解を深めていただければと思います。

POS業界マップ

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:タブレットPOSが実店舗のビジネスを変える

2017年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5