SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

列島縦断!店長インタビュー

「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略


1日4,000人が行列を作るさぬきうどんの老舗、うどん本陣山田家。1994年に自社サイトでネットショップを開設し、もうすぐ20年を迎える。あくまで実店舗をメインとし、「ネットショップはあくまで片手間」ながら、「楽天讃岐うどんランキング」で1位を獲得した実績も。現在の運営事情を、株式会社山田家物流 代表取締役社長の山田康介さんにお話を聞いてきた。

実店舗もネットショップも老舗 香川のうどん本陣山田家

 お遍路さんで知られる四国八十八ヶ所霊場の1つ、香川県・八栗寺。そこへ向かう坂道の途中に、行列ができる店がある。1978年創業、さぬきうどん屋の老舗、うどん本陣山田家だ。車でうどん屋めぐりをするにしても、決して便利とは言えない場所だが、ゴールデンウィークには2万人以上が来店したこともあったという。

 数あるさぬきうどん屋のなかで、山田家の特徴は、その格式の高さにある。まるで旅館のような歴史ある店舗は、江戸時代から続く旧大庄屋の屋敷を改築したもの。日本庭園を眺めながら、ゆっくりと食事が楽しめることから、会食や接待に利用される機会も多い。

 実店舗で確固たる地位を築きながら、ネットショップへの着手は早く、1994年10月に開設。なんと、楽天市場よりも早い。現在では、ネットショップの売上が土産うどん販売の15~20%を占める。

 開設19年にして、見えてきたものとは。株式会社山田家物流 代表取締役社長の山田康介さんにお話をうかがった。

はじめての売上は月1万円くらい 失敗したと思いました

――山田家さんは、1994年10月に、自社サイトでネットショップをオープンされてますね。一説によれば日本初のネットショップとも言われています。開設のきっかけは?

「社内に、パソコン通信に詳しいスタッフがいて、『やったほうがいい』と提案が出ました。まだ当時は、インターネットが普及しはじめたくらいで、どうなるかわからない技術だったのですが、当時の社長(現会長)が若いスタッフのやる気を汲んで、やってみようということになったんです。

 当社のネットショップが日本初かはわからないのですが、確かに、参考になるような他のサイトが見つからないので、写真と簡単な商品紹介だけを掲載しました。ネットショップの提案をしてきたスタッフも、パソコン通信に詳しいとはいえ、プログラミングの本とにらめっこしながら手探りの状態で。周囲からは、『何をやっているんだろう』くらいに見られていたそうです。

 売上が軌道に乗ってからも、しばらくは受発注システムを組まずに運営していたので、繁忙期になると、夜中まで事務作業をさせてしまっていました。今でも、当時手伝ってくれた営業部長や課長と酒を飲むと出てくる、思い出深い話です」

うどん本陣山田家のネットショップを手がける山田家物流の山田康介さん

――運営はすぐ、軌道に乗りました?

「はじめての売上は月1万円くらいで、正直失敗したと思ったそうです。時期尚早かなと。社内的にも、赤字部門であるネット通販をやめようという意見が多く出ていました。

 でも、その頃には他のネットショップも出てきて、成長しているところもありました。まだまだやれることはあるんじゃないかと思って、『もう一度だけチャンスが欲しい』と、当時、工場長をしていた私自ら担当になり、営業部を中心に企画を始めました。

 とはいえ、限られた予算でサイト作成、運転資金、広告費をまかなうのは大変でした。いろいろと模索した結果、楽天市場なら出店直後の運営費や広告費があまりかからないこと、また、楽天という企業自体が急成長していたことから、再起をかけて出店することにしました」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
原点に戻り、商品の強みを活かしたネットショップ作りを

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
列島縦断!店長インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/26 2014/12/09 12:06

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング