SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

これから始める自社EC、成功のステップ

これから自社ECを始める企業が、肝に銘じるべき3つのポイント

自社ECサイト構築実績800社超え!アラタナの皆さんが、これから新規参入する企業に向けて、自社EC成功ノウハウをお届けします。今回は、EC戦国時代の心がまえについて。

EC戦国時代を、あらためて振り返る

 こんにちは、アラタナです。これから新たに通販事業への進出を考えている運営者様向けに、具体的に何をしていかないといけないのか。そんなお話をしていきたいと考えています。計12話の記事を出筆させていただく予定です。よろしくお願いします。

 まずは、事業環境のお話をしたいと思います。今は「EC戦国時代」と言われているのをご存じでしょうか。「戦国時代」というワードからも連想されるように、弱肉強食の時代環境になっています。

 なぜそのような状況になっているのでしょうか。それは、インターネットビジネスの特徴にその理由があります。皆さんがインターネットを閲覧する時には、PCまたはモバイルのデバイス越しになります。この画面サイズが小さい(制限がある)ことが今の環境を生んでいます。

 画面サイズという物理的な制限がある一方で、インターネット空間は制限がなく、世界中の情報に瞬時にアクセスできます。しかし、見ることのできる情報は限られているため、大量に情報があったとしても、ユーザーが到達できる情報は一部に集中するのです。

 ECをはじめる企業とインターネットで買い物する人は増えています。その一方で、ユーザーが購入するお店は特定の店舗に集中します。結果的に、一部の店舗が売上を独占してしまう状況になります。

 さらに、売上を独占した企業は、その他の企業よりも儲かっていますので、再投資がしやすくなります。再投資はマーケティングやシステム改修に回すだけではなく、価格競争やサービスにも回せます

 そうなると、さらにユーザーから選ばれるサイトになるという好循環を得ることができます。今は、この状況が以前よりも顕著になってきており、まさしく強いものがより強くなっていく、戦国時代なのです。

ECとリアル店舗は、売りかたが異なる

 ECとリアル店舗のビジネスは、同じものを売ってはいても、売りかたはかなり違ってきます。リアル店舗で調子がいい企業がECでつまずくことが多いのですが、これは売りかたの違いを理解せずに、インターネットでも、リアルと同じ施策を行ってしまうからです。

 違いを以下の例で示します。

  インターネット店舗 リアル店舗
 競合店舗との距離 5cm 数十km
ターゲット 1.2億人 エリア内の人口数
変更難易度 容易 困難
集客 検索エンジンなど 立地

 リアル店舗では、店舗立地が成功要因の多くを占めるのはないでしょうか。お客様に、実際に店舗に足を運んでいただかなければ、売りにつながりません。だからこそ、交通量の多い道沿いの店舗は不動産価値も高く、出店する時の投資額も運営額も多くなります。

 さらに、お店に気づいてもらうために店舗へ装飾しなければなりません。加えて、運営開始後に施策を変えたいと思っても、変更は困難になります。初期投資額も大きいですし、お客さんの属性を変えたくても、変えるには立地から見直す必要があります。

 リアル店舗は最初の計画が最重要で、うまくいくか否かは計画で大体決まってしまうといっていいのかもしれません。

 一方でECでは、お客様は世界中のどこにいても、検索エンジンを通して瞬時に店舗にアクセスすることができるため、事業者はリアル店舗では最重要課題であった立地を考慮しなくてよくなります。

 しかし逆に言えば、ひとつの画面の中に複数の店舗が密集している状態であるため、店舗設置当初は、順調に業績が伸びていったとしても、うまくいく方法は他の企業も真似してきますので、新しい方法を模索し続けなければなりません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
事業環境と特徴から導く、中小企業の新規参入セオリー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
これから始める自社EC、成功のステップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アラタナ代表取締役社長 山本稔(ヤマモト ミノル)

1978年三重県生まれ。2004年株式会社リクルートホディングスにて営業に従事し、通期MVPを受賞するなど営業成績を残す。08年株式会社アラタナ入社、取締役就任。13年同社最高執行責任者、14年同社取締役副社長、15年同社代表取締役社長就任。現在に至る。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2551 2016/01/12 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング