SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECホットトピックス(AD)

10%の誤ったメールアドレスが顧客獲得・LTVにもたらすインパクト 正確なデータ取得のための秘策とは

たかがメアド、されどメアド。誤入力防止で劇的に変わる入力完了率。

株式会社エフ・コード CMTO 門田芳典氏

 EFOツール「エフトラEFO」を提供するエフ・コード。同社の門田氏は、「EFOは、ウェブマーケティングにおける、費用対効果改善の定石のひとつ」と定義。

 なぜなら、ちょっとした工夫で50%前後の改善が可能で、他の施策と比べて手間も少ないからだ。しかしそんなEFOツールでも、メールアドレス誤入力による離脱を防ぐのは難しい。

 そこで、エクスペリアンジャパンが提供する「Email Validation」を自社のEFOツールに実装し、ある企業の会員登録フォームにおいて効果検証を行ったところ、登録完了率が実装前の1.2倍に改善した。

 「Email Validation」実装前のCVRが44%だったところ、実装した後には52%に改善。同サービスがダブルオプトイン形式を採用していることから、登録者のうち、8%が誤ったメールアドレスでエントリーしていたのではと門田氏は指摘する。

 門田氏は、「各社のエントリーフォームにおける顧客データの取得戦略は変化しており、LTV、ROIの視点からも、エントリーフォームは入力のしやすさに加え、取得するデータの正確さが重要になってきていると感じます。そのためにはEFOツールに加え、『Email Validation』のようなデータソリューションを用いることが重要になってくるでしょう」と述べ、講演を締めくった。

「正確なデータ取得」が課題のマーケターへ

  • Email Validationに関するお問い合わせはこちら
  • Email Validationの詳細はこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ワダ スミエ(ワダ スミエ)

2013年11月11日〜2023年3月31日までECzine編集部在籍。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2538 2016/06/28 16:38

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング