記事種別

注目の「モバイルウォレット」は決済ありきでなく、魅力的なアプリの構築がキモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

決済機能やポイントカード、会員証、クーポンなどをアプリに格納できる「モバイルウォレット(Wallet)」に注目が集まっています。クレジットカード会社、キャリア、ECサイト、テクノロジー企業などから、さまざまなサービスが提供されています。

モバイルウォレット提供会社は、世界で200社超!

 モバイルウォレットの定義は提供各社によって異なりますが、一般的には、決済機能やポイントカード、会員証、クーポンなどをモバイル端末のアプリ等に格納しているサービスのことを指します。

 イギリスのペイメントカードの専門誌「Card&Payments World」2014年1月号では、「世界中のモバイルウォレットアプリの数は、2013年末時点で170以上ある」と発表されており、現在は優に200を超えていると思われます。

 発行するプレイヤーは、具体的には下記のように分けられます。

1.eコマースや対面の加盟店が顧客サービスとして提供するアプリ

 米国・Merchant Customer Exchange(MCX)が提供する、「CurrentC」が代表例です。

2.金融機関やカード会社が提供するクレジットカードなどと紐づけたサービス

 スペインの金融機関BBVAでは、クラウドベースのNFCペイメント「BBVA Wallet」を展開しています。

3.VisaやMasterCard、American Express、JCB、中国銀聯といった国際ブランドが提供するサービス

 中国銀聯では、モバイルウォレット「銀聯銭包」を提供しています。

4.携帯キャリア、ネットワークキャリアが提供するサービス

 たとえば、英国Vodafoneの「Vodafone Mobile Wallet」があります。

5.Apple、PayPalやSquareといったテクノロジー企業が提供するモバイルウォレット

 昨年話題になったAppleの「Apple Pay」が代表です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:越境ECの必須知識!海外決済最新動向

2017年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5