記事種別

越境EC、インバウンド対応の必須知識 中国のオンライン決済サービス「Alipay」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

現在でも世界の約4割のシェアを持つと言われる中国eコマース市場。その発展の裏には、決済がありました。日本でも、越境EC・インバウンド対応で注目を集める、中国最大規模のオンライン決済サービス「支付宝(Alipay)」を紹介します。

「エスクロー」で急速に普及 天猫などグループサイトで浸透

 「支付宝(Alipay)」は、Alibaba(阿里巴巴:アリババ)が2004年に開始したサービスです。2011年にスピンオフし、Small and Micro Financial Services Company(小微金融服務有限公司)となり、2014年10月にAnt Financial Services Group(螞蟻金融服務集団)に名称変更してサービスを提供しています。

 Alipayは、中国の第三者型オンライン決済においてシェア50%を有し、C2C、B2C、B2B決済をカバーしています。2004年に、商品が購入者宅に届いてから始めて決済が行われる「エスクロー」を開始したことが中国で受け入れられ、急速に普及しました。

 これにより、購入者が商品料金を支払ったのに商品が届かない、といった中国におけるeコマース初期の課題を解決しています。エスクローの流れは以下の通りです。

エスクローの流れ

  1. 商品購入者がAlipayに代金を支払う
  2. 売り手は支払いを確認してから商品を発送
  3. 購入者が商品受け取りをAlipayに通知
  4. Alipayから売り手の口座に代金が移され決済が成立

 スタート当初は、AlibabaグループのC2CとB2C電子商取引サイトである「淘宝網(taobao:タオバオ)」のオンライン決済における利用がメインでした。

 Taobaoは、中国最大のC2Cショッピングサイトですが、同サイトから2011年6月にBtoCショッピングモールの「天猫(T-mall:ティエンマオ)」が独立。また、2010年3月に設立された共同購入サイト「衆画算(Juhuasuan:ジュファサン)も2011年10月に独立事業となりました。

 淘宝網、天猫、衆画算といったグループ内でのAlipay決済の割合は、8割ほどあると言われています。日本のECサイトでも越境ECの強化策として、これらのサイトで販売を行いたいと考える企業も多いでしょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:越境ECの必須知識!海外決済最新動向

2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5