SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

eBay事例インタビュー(PR)

[eBay事例]数万円の高額商品が売れる! 海外の車好きに愛されるパーツ販売の「KTS」

eBayに出店して越境ECに取り組むネットショップを紹介します。今回は、車のパーツを販売するカインドテクノストラクチャーさんが登場。売れ筋はなんと、数万円もする高額商品「サスペンション」だそうです。

海外からの問い合わせがきっかけ!車のパーツ販売「KTS-WEB」

 数百円台のスピンターンノブから、数万円を超える車高調(取り付け費込み)まで、車のパーツをウェブで販売する「KTS-WEB」を運営するカインドテクノストラクチャー(以下、KTS)は、車の整備工場から始まった会社である。

 埼玉県の南鳩ヶ谷にある本社は、まず1階に整備中の車が数台並び、つなぎに身を包んだプロフェッショナルたちが、黙々と仕事に励んでいる。高い天井を見上げながら、工場左脇の階段を上がっていくと、今度は、スーツに身を包んだデスクワーカーたちがパソコンに向かっている光景に出くわす。彼らが取り組むのは、ネットを活用したBtoBビジネス、そして通信販売だ。

 通信販売は、2003年に法人向けから開始。現在では、国内向けに自社サイト、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、海外向けには、自社サイト(英語、ロシア語、中国語)、Amazon.com、そしてeBay(アメリカ)に出品している。

http://stores.ebay.ca/kts-japan-world-store/KTS-/_i.html

 海外販売は、日本語サイトに海外からの問い合わせが複数寄せられていたことから開始。英語のECサイトをオープンしたことで、さらにその問い合わせは増加した。なかでも、反響が大きい国は、アメリカ、カナダ、インド、シンガポールとのこと。

 海外販売のECにかかわる人数は4名で、バナーの制作、商品画像のアップ、企画、サイト運営、海外に出向いて調査も行っている。全体を統括するのは中川竜介さん、主にデザイン等制作を担当するのは笠原麻未さんで、2人とも前職でネット、ECを経験した転職組だ。

株式会社カインドストラクチャー EC事業部 中川竜介さん、営業本部 笠原麻未さん

 「eBayは、管理画面などすべてが英語なので、はじめはとっつきにくかったのですが、商品を出品したり、ページを作ったりという作業に関しては、問題なくできました。海外のお客様からお問い合わせが入った場合には、どうしても英語が必要になるのですが、幸い社内に英語ができる者もおりますし、外部の方にもご協力いただいてなんとかやっています。

 もしeBayさんに注文したいことがあるとすれば、スマホサイトがシンプルすぎるところでしょうか。出品者が自由にバナーを出せたり、Description(商品説明)を修正したらボタン1つ押せば反映されるというふうに、もっと自由度が上がると、さらにありがたいですね」

 KTSでは、他のサイトと比較して、eBayに手応えを感じ、2015年4月から本格的に取り組み始めた。まずは出品数を増やすことに注力し、それまで5,000ほどの商品点数だったのを、この取材時点で、2万点目指して取り組んでいる。

 「国内のECでも、出品点数が多ければ多いだけ、売り上げもついてきますので、海外販売でも同様だろうという考えです。また、同じ商品でも車種によって異なるので、多くのお客様のニーズに応えるためには、否応なしに出品を増やさなければという事情もあります。その準備ができたら、広告やSNSなどで販促施策を打っていきたいですね」

次のページ
車好きは世界共通か 日本の売れ筋が海外でも売れ筋に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
eBay事例インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2079 2015/09/29 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング