記事種別

米国小売はパーソナライズ、ソーシャルコマース、オムニチャネル促進へ[IRCE2015レポート]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

JECCICA代表理事の川連さんがECに関するその月のトピックスをお届けします。第9回は、シカゴで開催されたIRCE2015のレポートをお届けします。著者の川連さんが気になったテーマは、パーソナライズ、ソーシャルコマース、そしてオムニチャネルです。

今年も行ってきました!IRCE2015レポートをお届けします

 シカゴステーキ、シカゴピザ、ドーナツ等々で体型リバウンド状態の川連一豊です。今年もシカゴで開催されたIRCE2015。相変わらずのパワーを身体中で受け止めてきました!

 IRCE(Internet Retailer Conference & Exhibition)はEコマースに関わるカンファレンス&展示会の世界最大規模のイベントで、Eコマースに関するテクノロジーやマーケティングなどの情報を学ぶとなっています。今年で11回目となりました。

11回目のIRCE2015シカゴ マコーミックプレイスウエストにて
展示場は、今年もたくさんの人・人・人

IRCE2015の今年のキーワードは、パーソナライズ。

 オムニチャネルや越境、CRMなんてもう当たり前。米国のEコマースでは、今のテーマは1人ひとりに最適なおもてなし=パーソナライズがテーマとなっています。お客様やユーザー全員に同じサービス、同じコンテンツを提供するのではなく、1人ひとりの属性や購買、行動履歴に基づいて最適化&提供する手法ですね。

 日本のEコマースでは、パーソナライズはサイト訪問時に関連性の高い商品を表示したり、レコメンド(オススメ)機能やランディングページの最適化、一部のショッピングカートでページの表示を変更するおもてなし機能がある程度です。

 性別や生年月日、マイサイズまで入力してパーソナライズしようとしていますが、ソーシャル上のビッグデータを用いたり、Amazonでは購入した商品や見ている商品でパーソナライズ化しています。

新しいオムニチャネルはパーソナライズ!(FitCommerceの資料より)
パーソナライズは今後伸びる可能性が高い(FitCommerceの資料より)
パーソナライズに力を入れる!オーダー数もアイテム数もコンバージョンも増えた(Monetateの資料より)

 実際に展示場では、パーソナライズに特化したテクノロジーやサービスもありました。Eメールマーケティングは、日本は個人情報保護の動きから、全配信かセグメントしても購入回数程度で同じような内容を配信していますが、米国ではパーソナライズされたEメールマーケティングも盛んに行われています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:川連一豊のつれづれEC日記

もっと読む

2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5