SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECサイトのためのGoogle アナリティクス入門

毎日3分見るだけで改善点までわかってしまう!? Google アナリティクスの「集客サマリー」は超便利レポート!


この連載では、何とも使いづらいGoogle アナリティクスの使いかたを、ECサイト運営者向けにわかりやすく説明していきます。今回は、「集客サマリー」の見かたです。

どこから来たユーザーが何をしたかを知るには集客サマリー

 前回までは、Google アナリティクス特有のeコマースとカスタムキャンペーンの設定について説明しました。今回からはそのデータをどのように見るべきかという内容です。

 最初に見てほしいのは、集客サマリーです。

 このレポートは万能レポートといっても言い過ぎではないくらい、便利なレポートです。毎日のチェックであればここだけ見ておけばOKなので、これを機に使いかたをしっかり覚えておきましょう。

 まず見るのは、折れ線グラフではなくてその下にある棒グラフです。

クリックすると拡大します

 ここに表示される項目は今までに設定した、カスタムキャンペーンなどで設定したものが反映されています。

Organic Search

YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション

Paid Search

検索連動型広告からのセッション

Display

YDNやAdWordsのディスプレイ広告からのセッション

Direct

ブックマークなどの直接のセッション

Referral

個人ブログなどの他サイトからのセッション

(Other)

Google アナリティクスで上手く分類できなかったセッション

Email

メールマガジンからのセッション

Social

TwitterやFacebookからのセッション

 苦労して分類したデータが、このようにきれいに表示されるとちょっとうれしいですよね。

セッション、直帰率、eコマースのコンバージョン率を表示させる

 初期設定で表示されるグラフはセッション、直帰率、トランザクション数になっていますので、セッション、直帰率、eコマースのコンバージョン率に変更しましょう。

 eコマースのコンバージョン率の下にある数字(図ではぼかしが入っています)をクリックすると切り替わります。

クリックすると拡大します

 この図の解釈は以下のようになります。

Organic Search

セッション数は多いけど、直帰率が高くてコンバージョン率も低めなので、ランディングページを確認。直帰率を下げる工夫から始めて、コンバージョン数を増やすようにする。

Paid SearchとDisplay

直帰率も低めで特にPaid Searchはコンバージョン率も良いので、広告費はここに重点的に投下する。Organic Searchの直帰の高さは、リターゲティングのバナー広告(Displayに分類される)でカバーすると良さそう。

Direct

コンバージョン率が高いので後で詳しく調べる。

Referral

セッション数が少なく、直帰率も高い上にコンバージョン率も低いので改善の優先度は低い。

(Other)

原因を突き止めづらいので後回し。

Email

セッション数は少ないものの、直帰率が最も低く、コンバージョン率も高いので登録者数を増やす施策を実行する。

Social

セッション数を増やすことから。

 このように、ここを見るだけ今後何をすべきかのヒントが分かりますよね。特に、SEOや広告に費用を割いている場合は効果が気になりますので、日々このグラフを確認するようにしてください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
PC・スマホ・タブレットのセグメントでより詳細を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECサイトのためのGoogle アナリティクス入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1322 2014/11/25 11:01

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング