SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

売上成長に効く! ECサイトのプチ改修

CVR向上に欠かせない「使い勝手の悪さ」の解消 インセンティブ訴求の変更で成果につなげたプチ改修事例

 EC運営をする中で、「なかなか成果が伸びない」「思うように売上が上がらない」とお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。ECで成果を上げるために重要なポイントのひとつに「プチ改修」があります。今回はGMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部に所属する高畑さんが、プチ改修に向けた課題の発見方法と改善施策についてご紹介します。

使いやすさの最適解を探すためのアクセス解析ツール活用

 今回は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 イノベーション戦略部 集客支援課(旧 マーケティング支援部 サイト改善チーム)に所属する高畑が、当社が携わってきたECサイト成長支援プロジェクトの一部をお見せしながら、「プチ改修」の重要性をご紹介いたします。

 前回までは、「商品一覧」ページ、「商品詳細」ページといったECサイトのページごとにある課題とその改善手法について解説してきました。個別の課題を解決することでECサイト全体のCVR(Conversion Rate:購入率)は向上していきますが、一方で、「基礎的な改善はやり切ったので、CVRをより伸ばしていくための方法が知りたい」と考えている方々も少なくないのではないでしょうか。

 基礎的な改善とは、言い換えると「使い勝手が悪い部分の解消」です。ここで「取っ手のついていないバケツ」をイメージしてみてください。あなたはそのバケツに水を入れ、今いる部屋から隣の部屋に運ばなければなりません。水自体を入れることに問題はありませんが、バケツの底を工夫して持たなければ水はこぼれ、運べなくなってしまいます。取っ手があったほうが便利なことは間違いありません。「使い勝手の悪い部分の解消」とは、このように「バケツに取っ手をつける」ようなことを指します。

 ここで出てきた「取っ手」を機能と置き換えると、「うちのECサイトには、もう十分に機能が備わっている。もっと良くする方法は?」と疑問を覚える方もいるでしょう。そこで考えなければならないことは、「ただ単に機能を付与しても、全員にとって使いやすいECサイトになるわけではない」ということです。

 「メニューがタップしづらい」「レコメンドが使いづらい」など、さまざまな課題は存在し、それぞれに解決策があります。しかし、その解決策のすべてがサービスを使う全員に対して有効かというとそうではありません。誰かにとっての「使いやすい」は、別の誰かにとっての「使いづらい」かもしれません。

 たとえば、手の大きな人はバケツのグリップがしっかりしているほうが使いやすいですが、手の小さい人や子どもはグリップが大きすぎるとうまく握ることができず、結局バケツの底を持ってしまうかもしれません。使う人が目の前にいれば、その人に合わせて改良をすれば良いですが、ECサイトの場合、直接姿を見ることはできません。そこでアクセス解析ツールを使い、どんな人がECサイトを訪問していて、どのような動きをして成果になっているかを確認する必要があります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
まずは新規ユーザーとリピーターを把握 CVR向上のために何ができる?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
売上成長に効く! ECサイトのプチ改修連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 高畑康仁(タカハタ ヤスヒト)

ウェブ制作会社を経て、大手人材系メディア企業に入社。業界上位の転職サイトの分析・開発ディレクション・CRM担当を経て現職。多岐にわたる現場経験を生かして、KPIに直結する施策を打つことにこだわっている。上級ウェブ解析士資格保持者。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11723 2022/10/11 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング