SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Shopifyで売上を伸ばす!月商別グロースハック術

新ブランド作り・店舗のEC進出 事業を立ち上げ、月商100万円を目指すには「友達作り」から始めよう


 EC売上アップの秘訣をウェブで学ぼうと思っても、なかなか自社の現状と合致した情報に出会えない。そう悩む方は、少なからずいるのではないでしょうか。こちらの連載では、株式会社StoreHeroの黒瀬さんが月商別のグロースハック術を伝授します。第1回は、「事業立ち上げ(月商0円)~月商100万円程度」の方向けです。

とにかく「友達」を増やそう 軌道に乗せるまでは実直に

 StoreHeroの黒瀬です。今回は、事業立ち上げ(月商0円)から月商100万円程度のブランドを展開する個人・企業の方に向けて、すぐに着手してほしい打ち手をご紹介できればと思います。

 自身がすでにインフルエンサーなど知名度がある場合を除き、0からブランドを立ち上げる場合は「親しい人」、つまり「友達」を作る必要があります。「友人・知人に買ってもらって売上を立てよう」と勧めているわけではありません。そうした取り組みも売上を立てる上では必要ですが、意識していただきたいのは「ひとりでも多くのお客様と仲良くなる」ということです。

 ひとりでも多くの人にブランドを認知してもらい、魅力を感じて買ってもらうには、ECサイトなど「売る場所」の整備も必要ですが、営業活動的な視点も欠かせません。ブランド立ち上げというワードにキラキラとした印象を持つ方もいるかもしれませんが、実際初期にやることは泥臭い作業が多いのも事実です。ここからは、考えるべき項目別に解説をします。

0. 誰に何をどう提案するかを決める

 今から説明する項目は、これからブランドを立ち上げる方に向けたアドバイスです。すでに販売する商品を決めている場合は、これらができているかどうかを改めて見つめ直すきっかけとしていただければと思います。

 売るもの(商品)や売る場所(チャネル)を決める前にすべきは、「誰に何をどう提案するかを決める」ことです。これはブランド全体の方針として検討しても良いですし、商品カテゴリーや商品別に決めても問題ありません。大切なのは「自分が何を伝えたいか」という軸を定め、それが世の中の需要として存在するかをきちんと検証することです。

 一度世に出した商品を作り替えるのは、容易なことではありません。食品や化粧品など、基準に基づいて審査を通す必要がある商材の場合は、なおのことこうしたハードルも高くなります。求められている商品を販売しなければ、当然売上アップにもつながりません。ターゲットが限られていたとしても、事業として成立する人数の顧客から支持を獲得し、購入してもらうことができるかどうか。つまり売れるかどうかは、ある程度確証を持てるところまで下調べする必要があります。

 とくに大事なのは「誰に」という部分です。「40代女性」といった年齢・性別で区切ったペルソナ設定ではなく、その年代・性別で「どのような性格か」「購買時にもっとも重視する判断軸」「誰(どこ)の意見をもっとも信用しているか」といった、細かい部分まで想定する必要があります。社内の人や共通の知人を挙げ、「●●さんみたいな人」と想像しやすい像を設けるのもお薦めです。

 ここまで深掘りをするのはたいへんな作業ですが、これをやるかやらないかで、その次に立てる売上目標や、事業拡大のスピード感も大きく変わってきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
事業計画にはビジョンの反映が必須 ECサイトは進化させやすい仕組み活用を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Shopifyで売上を伸ばす!月商別グロースハック術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10395 2021/12/08 10:38

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング