SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

eコマース(EC)

読み:イーコマース(イーシー)
正式名称:Electronic Commerce(エレクトロニックコマース)

記事更新  

 eコマースは、「Electronic Commerce」の略で「電子商取引」と訳される。「EC」と呼ばれることも多く、インターネット上で行われる商品やサービスの売買を指す。ネットショッピングに限らず、ネットオークションやオンライントレードなどもeコマースである。

 eコマースにはいくつかの種類があり、企業同士の取引をBtoB、企業と一般消費者の取引をBtoC、消費者同士の取引をCtoC、メーカーが中間業者や小売店を通さずに直接消費者に商品やサービスを販売することをDtoC(D2C)という。

 物理的な店舗を必要としないため、場所に縛られずにショップを開設でき、ユーザーはいつでも買い物ができる。また、ショップはインターネットに接続できる世界中のユーザーにリーチできるため、利便性やリーチ性において従来のコマースにはないメリットがある。

 運用側のメリットとしては、エリアを限定せず世界中に販売可能であること、データを活用することで売上増加を図りやすいこと、実店舗が不要で手軽に開店できること、そして24時間365日営業が可能であることが挙げられる。

 一方、デメリットとしては、競争率が高いこと、世界中に販売するには多言語化などの準備が必要であること、ウェブマーケティングや自社ブランディングにコストがかかること、そしてユーザーが商品に実際に触れて確認できないことがある。

eコマース(EC)に関連するおすすめ記事

用語集TOPへ

Special Contents

AD

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング