SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リンクス小橋と考える オムニチャネル物流

掛け算の発想で新たな価値創造へ 物流はコストセンターではない

 EC化率が上昇するにつれ、各企業が課題として抱える物流の問題。実店舗とECの在庫を効率良く回し、売上を向上していくための考えかたを紹介する連載です。第4回は、「オムニチャネル物流を実現するために大切なこと」をテーマにお届けします。 ※本記事は、2021年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.16』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 こんにちは。物流コンサルタントとして活動する株式会社リンクスの小橋です。これまで、物流の重要性から始まり、在庫管理のありかた、ECからオムニチャネルの物流の変遷について触れてきました。最終回では、オムニチャネル物流を実現するために大切なことについてお伝えします。

利便性のみでは売れない 実店舗に見出す顧客体験価値

 そもそも、オムニチャネルとは何なのでしょうか。Wikipediaには、「複数の販売チャネルを活用する『マルチチャネル』販売(小売)の進化形で、リアル(実店舗)とネット(インターネット通販)の境界を融解する試み」と記載されています。近年、スマートフォンの普及により、従来の実店舗に加え、ウェブサイトやアプリ、SNS、さらにはモバイルペイメントなど、企業と顧客とのタッチポイントが質量ともに飛躍的に拡大しました。これは間違いなく、オムニチャネルが進んだ要因のひとつと言えるでしょう。

 そして、今や消費者の購買行動が時間や距離から解放され、物流においてもいつでも、どこでも受け取ることができる多様性が求められています。そんな最中、世界中に訪れた新型コロナウイルス感染症の流行。この出来事が、より多くの人にインターネットで買い物することの利便性を感じるきっかけを与えたことは間違いありません。

 しかし、利便性のみを追求すれば、市場においては限りなく一強になってしまいます。つまり、小売業であればAmazonさえあればいい、アパレルファッションであればUNIQLOのみでいい、といったような極端な世界です。実際に、アメリカの小売EC市場では、Amazonのシェアが38.7%と、2位のウォルマート(5.3%)を大きく引き離しています(eMarketer調べ)。

 また、消費者が求めているのは利便性だけではないとも考えています。もちろん、すべてのリアル販売がECに取って代わることはないでしょうし、インターネットの利便性が向上すればするほど、リアルな購買の場、つまり実店舗の価値が見直されるはずです。そこで必要となるのは、人と人が触れ合う顧客体験の価値。別の言いかたをすると、従来の実店舗の価値を再定義し、これまでのありかたとは異なる新たな価値を見つけ出す必要があるということです。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
足し算ではなく掛け算で商流と物流をとらえる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リンクス小橋と考える オムニチャネル物流連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社リンクス 代表取締役社長 小橋重信(コバシシゲノブ)

 アパレル会社でのブランドのMD含め運営にかかわり、会社上場から倒産を経験。その後IT会社を経て、物流会社OTSにて多くのファッション企業のtoB、BtoC、オムニチャネル物流の新規立ち上げから運用を行う。その後、物流コンサル会社リンクスを立ち上げ、クライアント企業の物流改善から改革のサポートを行う...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/8917 2021/05/12 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング