SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.13定点観測

EC取引増で生まれるキャッシュレス需要 進化に立ち向かえる手段の採択を

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。PAYの高野さんに、決済について聞きました。※本記事は、2020年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.13』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

三井住友カードが次世代カード発行 セキュリティ向上とグローバル対応へ

 2020年2月、三井住友カードが次世代カードの発行を開始した。同社がクレジットカードをフルモデルチェンジするのは、実に30年ぶりのことだ。具体的な変更点はふたつ。ひとつめは、顧客のカード番号、有効期限、セキュリティコードをカードの裏面に集約して記載し、個人情報保護レベルを向上させた点、ふたつめは、Visaブランドの非接触IC決済手段が搭載された点にある。同カードを利用することで、同タイプの非接触ICが搭載されたレジのリーダーにタッチをするだけで決済を完了することができ、基本的にはサインの記入も暗証番号の入力も不要となる(一定金額を超える支払は、カードの挿入ならびにサインの記入もしくは暗証番号の入力が必要)。

「グローバルでは、このようなNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)を採択した決済手段がすでに標準化しています。三井住友カードがこの機能を搭載してきたということは、Visaが日本においても同決済を広めたいと考えているのではないかと思われます。他社がどのように追随していくのか、引き続き動向には要注目です」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
高まるキャッシュレス需要 イギリスでは現金利用が半減

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.13定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/7956 2020/08/20 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング