記事種別

EC取引増で生まれるキャッシュレス需要 進化に立ち向かえる手段の採択を

定点観測13 決済
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。PAYの高野さんに、決済について聞きました。※本記事は、2020年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.13』に掲載したものです。

三井住友カードが次世代カード発行 セキュリティ向上とグローバル対応へ

 2020年2月、三井住友カードが次世代カードの発行を開始した。同社がクレジットカードをフルモデルチェンジするのは、実に30年ぶりのことだ。具体的な変更点はふたつ。ひとつめは、顧客のカード番号、有効期限、セキュリティコードをカードの裏面に集約して記載し、個人情報保護レベルを向上させた点、ふたつめは、Visaブランドの非接触IC決済手段が搭載された点にある。同カードを利用することで、同タイプの非接触ICが搭載されたレジのリーダーにタッチをするだけで決済を完了することができ、基本的にはサインの記入も暗証番号の入力も不要となる(一定金額を超える支払は、カードの挿入ならびにサインの記入もしくは暗証番号の入力が必要)。

「グローバルでは、このようなNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)を採択した決済手段がすでに標準化しています。三井住友カードがこの機能を搭載してきたということは、Visaが日本においても同決済を広めたいと考えているのではないかと思われます。他社がどのように追随していくのか、引き続き動向には要注目です」

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.13定点観測

もっと読む

2019年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5