記事種別

時代の流れを如実に示すSNS 顧客とつながるメインストリームへ

定点観測04 SNS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。アライドアーキテクツの藤田さんに、SNSについて聞きました。※本記事は、2020年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.13』に掲載したものです。

各SNSのアップデートに注目 現在の生活に寄り添った機能追加

 時代の変化を敏感に察知し、いち早くサービスに反映させるSNS。コロナ禍の中でも例外なく、各SNSが現在の人々の生活に寄り添うためのチューニングを施している。Twitterは、3月4日に新機能「Fleet」のテストをブラジルで開始。同機能は、24時間で消える投稿の仕組みで、瞬間的なアイディアや意見を共有することができるもの。いいねやリツイート、コメント機能はなく、ちょっとした息抜きとして活用できる機能となっている。

「Instagramも、これまではスマートフォンアプリを中心とした機能提供を行っていましたが、家の中にいる時間が増え、パソコン利用者が増える中で、ブラウザ閲覧機能を拡充しています。インスタライブやDM機能もウェブブラウザから利用できるようになりました」

 加えて、Instagramは4月27日に飲食店から料理を注文できる機能を日本でも導入。Instagramのビジネスアカウントを活用しているUber Eatsなどのデリバリー・テイクアウトサービス加盟店は、ストーリーズから「注文する」スタンプを用いてオーダーを受け付けたり、プロフィールにアクションボタンが追加できたりと、ソーシャルメディアでつながる顧客と、購買でも接点を持つことが可能となっている。

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.13定点観測

もっと読む

2019年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5