SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

[季刊ECzine]ECスタープレーヤーインタビュー

ECより上のレイヤーから見ると多くの課題が解決する 逸見光次郎さんインタビュー

 キタムラのオムニチャネル化成功の立役者であり、その結果、オムニチャネルならこの人に聞け! という存在になった逸見さん。現在は独立し、オムニチャネルコンサルタントとして活躍している。なぜ逸見さんの言葉は、経営陣にも、ECや実店舗で現場に立つ人にも響くのか。キャリアを遡って話を聞き、その魅力の背景に迫った。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

オムニチャネルの原点は書店 棚をイメージしてデジタル化する

 逸見さんは1994年に新卒で三省堂書店に入社。その後、ソフトバンク、アマゾンジャパン、イオンの3社を経て、キタムラに入社している。キタムラを退社後、ローソンを経て独立し現在に至る。定年まで1社で、という考えの人も少なくない日本においては、転職回数が多いほうだ。しかし、キタムラでオムニチャネルを推進する役目を担うとわかっている目で見れば、それ以前の会社での経験が、すべて重要な意味をもっているのがわかる。

 今回の写真撮影は、逸見さんの最初の勤務先である、三省堂書店 神保町本店で行った。「独立していちばんうれしいのは、本を好きなだけ買えること」と言うほど、本が好きな逸見さん。三省堂書店に入社したのも、それが理由のひとつだが、現実の仕事では本を読んでいるばかりでは回らない。

オムニチャネルコンサルタント 逸見光次郎さん
オムニチャネルコンサルタント 逸見光次郎さん

 「学生時代に書店でアルバイトをしていた経験もあり、新卒で入社してすぐに即戦力として働けていたと思います。書店の仕事って重労働なんですよ。1日に何十箱も新刊が来て、古いビルだとその重みでエレベーターが一度沈んだりするくらい。多くの人がその現実を知らずに、『本が好きだから、本屋さんで働きたい』と夢見て仕事を選んでいるんですよね」

 かつて担当していたという、教育関連書の書棚を眺めながら、「この先生は、新刊が出たらかならず平積みしないといけないんですよ」と教えてくれた。

 「企業のEC担当者で、店の棚や倉庫を見ずに、パソコンとExcelだけで仕事をしている人は、どんなイメージで売っているんだろうと思いますね。私はこの棚がデジタルに置き換わるイメージで仕事をしています。それはオムニチャネルコンサルタントになってからも変わらず、お店、バックヤード、物の流れを見せてもらってイメージしてから、デジタルの世界に入らせてもらっています」

 神保町本店で教育書などを担当した後、成田空港店や相模大野店など、別の店舗へと異動。最後に勤務した八王子店は、物理的にも大きな店舗だった。そこで膨大な在庫や注文の管理をするのに、マイコン時代から遊んでいたというコンピューターの存在を思い出す。

 「そこから、ネットで本屋ができないかなと思いついたのですが、当時はまだ、会社としてその方向には舵を切らないということでした。そんなとき新聞で『ソフトバンクがインターネット書店を始めます』という募集記事を見つけたんです」

 そうして逸見さんが転職し、立ち上げに携わることになるのがイーショッピングブックス。現在のセブンネットショッピングである。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
ECのシステムをゼロから手作り

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
[季刊ECzine]ECスタープレーヤーインタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5523 2019/09/11 17:23

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング