SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.02 定点観測

機械学習でターゲティングの精度が向上 購入意欲の高いユーザーへのアプローチも

 ECにかかわるプラットフォーマーの動向や、ユーザーを引きつけるキャンペーン施策、 クリエイティブ活用などについて、四半期に一度、各分野のプロにポイントを聞く「定点観測」。今季は、Googleの影響の大きさ、動画活用の進行、LINEとの連携、新しい決済の台頭が目立った。自社に関連するポイントをおさえ、来る年末商戦に備えよう(※本記事は、2017年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.02』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

オンラインとオフラインの接続の強化  先進的取り組みが実行段階へ

 今回のトピックスは、毎年5月に開催されるイベント「Google Marketing Next 2017」から。通底するテーマとしては、機械学習やディープラーニングを含む「AI(人工知能)」だった。広告やECに関連するサービスもいくつか発表されている。

 「いちばんわかりやすいものとしては、『位置情報を活用したオンラインとオフラインの接続の強化』です。実店舗を持つ企業であれば、顧客はECと実店舗を行き来していますよね。その情報をシームレスにつなげていこうと、Googleは数年前から積極的に取り組んできましたが、今回の発表で、かなり強く押し出してきたという印象です。

 たとえば、オンライン上の施策から実店舗に来店し、コンバージョンしたか否かの計測を、Googleは2014年から開始していました。それから約3年で、グローバルでは50億件以上のコンバージョンが計測されているそうです。GPSやWi-Fiなどさまざまなデータによって計測しているのですが、この情報と広告を高い精度で結びつけていくのはGoogleじゃないとなかなか難しいことですよね」

 具体的に何を強化するのかについて、ポイントは以下の3つだ。

  1. YouTube TrueView キャンペーンへの対応
  2. ディープラーニングを活用した計測精度の向上
  3. 「店舗売り上げコンバージョン(store sales)」の計測
※「Google Marketing Next 2017 キーノートスピーチで発表された新機能まとめ| Unyoo.jp

 「AdWordsでは以前から、来店コンバージョンが計測できていたのですが、検索連動型広告、ショッピング広告、ディスプレイ広告のみに限られていました。そこに、動画のキャンペーン、つまりYouTube TrueViewも加わります。

 また、従来の位置情報計測に加えて、その履歴や行動データをディープラーニングに活用することで、精度を上げていくと発表しています。

 さらに、Eメール等の施策から来店コンバージョンした場合にAdWordsにインポートすることで、店舗売り上げコンバージョンとして計測できるようになっています」

 ほかにも、ショッピング広告を活用することで実店舗の在庫をほぼリアルタイムで表示したり、広告に近くの店舗の住所を表示するなど、いわゆるオムニチャネルな施策が、Googleの広告を活用することで可能になっている。

 「多店舗を展開するなどスケールメリットのある企業向けのものだと思いますが、これまでは先進的な取り組みだったものが、現在は実行段階に入っていると言えます」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
RLSAが拡大し「買いそうな人」がわかる ある程度Googleに任せる判断も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.02 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4940 2019/09/11 16:52

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング