SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

書籍『売れるECサイトのすごい仕掛け』定点観測

新規もCRMもLINEで EC事業者のコミュニケーションに不可欠な存在

 2015年にEC事業者もLINE@が活用できるようになって以来、“使える”サービスが続々とリリースされるLINE。新規もCRMもカスタマーサポートも、ECで必要なすべてのステップのコミュニケーションが可能になりそうだ。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

2016年8月にOfficial Web Appリリース

 2015年2月に、EC事業者も利用できるようになったLINEのビジネスアカウント「LINE@」。LINE内に露出が強いスタンプも配信できる公式アカウントに比べると、リーズナブルに、「友だち」となった消費者とのコミュニケーションがとれると、この2年間でEC事業者の活用が進んでいった。

 EC事業者にとって魅力的なのは、スマートフォンユーザーに、プッシュ通知で、リアルタイムにメッセージが届けられることである。これまでCRM施策の中心だった、メールマーケティングが苦手としている部分をカバーし、CTRやCVRなどの効果指標が、メールの4〜5倍になる事例も少なくない。

 そんなLINE@のメッセージ機能だが、ひとつ課題だったのが「一斉配信」だったこと。公式アカウントで言うところの「LINE ビジネスコネクト」のような顧客データベースと連携できる機能がなかった。

 それがとうとう、2016年8月に「Official Web App」をリリース(認証済み/プロプラン以上のアカウントが必要)。LINE ビジネスコネクトほか、LINEアカウントの認証情報で会員登録の手間を減らす「LINEログイン」、LINEに登録してあるプロフィールが入力フォームに自動表示される「プロフィール+(Profile+)」、あわせて3つの機能を持つ。

LINEビジネスコネクトほか、LINEアカウントの認証情報で会員登録の手間を減らす「LINEログイン」、
LINEに登録してあるプロフィールが入力フォームに自動表示される「プロフィール+(Profile+)」の、
合計3つの機能を持つ「Official Web App」。

 LINEの岡崎さんは、これをLINE@の2016年いちばん大きなトピックスだと挙げた。

 「LINE@できちんとCRM施策をやりたいというお声をたくさんいただいていましたので、Official Web Appのリリース以来、導入が加速しています」

LINE@の機能例

メッセージ 友だち登録してくれたユーザーにメッセージを配信できる。Official Web Appでセグメント配信も可能。
1:1トーク 友だち登録しているユーザーからLINEで問い合わせを受けた場合、それ以降、1対1のメッセージが送受信できる。
アカウントページ LINE内とウェブ上に持つことができる専用サイト。オウンドメディアとして活用される。
タイムライン/ホーム投稿 友だち登録しているユーザーのタイムラインにメッセージを投稿。プッシュ通知に適さない投稿の場合はこちらを活用。
クーポン機能 クーポンを作成・配信できる。開封数や使用数を確認する管理画面もある。
コマース 初期費用・月額無料、販売価格の4.98%の手数料で商品の販売が可能。福袋など即時性のある商品を売り切る事例も。
LINE ショップカード ポイントカードを作成・発行できる。
この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
中小事業者でもOfficial Web Appが使える ASPカートなど6社が対応

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
書籍『売れるECサイトのすごい仕掛け』定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4617 2019/09/11 16:54

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング