SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.20定点観測

CRMはデータ活用の第二段階へ 顧客を理解し感動体験CXを

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プラスアルファ・コンサルティングの山崎さんに、CRMについて聞きました。※本記事は、2022年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

なぜ?を問う 定性データから顧客の声を

 「カスタマーリングス」は、日本発のCRM/MAツールとして9年の歴史を持つ。先進的な取り組みを行う企業とともに、CRMの成功実績を積み重ねてきた。一方で、次々と登場する新たな広告プロダクトをはじめとする新規獲得施策のほうが目立ちがちだったのも事実。コロナ禍や国を挙げてのDX推進を経て、CRMへの意識は変わっただろうか。

「コロナ禍以前は、社内に散財するデータを統合管理する第一段階でしたが、最近は管理されたデータを活用する第二段階に入っています。そもそもデータを統合管理する目的は、データを活用した施策により新たな価値をお客様に提供するためですが、手段が目的化に陥っていました。歴史があり企業規模が大きくなるほど、社内のあちこちに大量のデータが散在していたため、データ統合プロジェクトが大掛かりになったという背景もあります」

 データを活用したCRMを行う上で重要になるのは、定性データを重んじることだと言う。

「定量データの重要性はご理解いただけることが多いのですが、それだけに限定すると、次はどのような施策を打つべきかの示唆が生まれてこないのです。なぜ頻繁に購入してくださるのか、なぜ突然購入をやめてしまったのか、お客様がその行動に至った理由を考えることが示唆が生まれるきっかけになります。単価、頻度、回数といった定量データによる顧客分析だけでは、CRMはなかなかうまく進みません」

 実は、オフラインの接点を持つことができた時代は「なんとなく」それを感じ取ることができていた。しかしコロナ禍で非対面接触が中心となり、その機会が激減したのだ。カスタマーリングスのユーザー企業は、その機会を補うように7割がアンケート機能を利用するようになっている。「お客様の声を聴こうという姿勢の表れだと理解しています」

 先進企業がCRM第二段階に入ったとして、コロナ禍ではじめてデジタライゼーションを進めた企業は、そろそろCRMへの取り組みを検討する時期だろうか。実際、そのような企業からの問い合わせも増えていると山崎さんは言う。

「CRMの経験がないためノウハウを知りたいといったご要望もいただきますが、私自身は、CRMのノウハウはその企業でコツコツと蓄積していくべきものだと考えています。他社の成功事例を模倣するところから始めるのもひとつの手ですが、それはあくまで穴埋め。穴埋めを終えたら、自社なりのCRMの試行錯誤を重ねていくべきです」

 飲食や観光業など、コロナ禍で打撃を受け、従来はアナログ中心だった業界でも、デジタルに積極的な企業からも引き合いがあると言う。

「オフラインでお客様と接してこられたからでしょう、顧客理解の重要性をお伝えするとすぐにご理解いただけます。デジタル、DXと頭でっかちにならず、本質的にはオフラインでやってきたことをデジタルでも実行するだけですよね」

 しかしながら、CRMにおけるプッシュチャネルは、メールに加えてLINE、アプリ、SNSなどさまざまある。初心者ほど、何から始めれば良いか混乱するのではないだろうか。

「全部やるのはもちろんたいへんです。しかし、本当に全部やらなくてはいけないのでしょうか。流行っているから、他社がやっているから取り組むのであれば、模倣にすぎません。当社のユーザー企業にサンスター様がいらっしゃいます。さまざまなチャネルに積極的にお取り組みになるので理由をお尋ねしたところ、『お客様の多様性を重んじ、お客様が使いやすいと感じるチャネルを増やすことは企業努力である』とのことでした。同じデジタルチャネルを増やすにしても、なぜ増やすのかの理由が重要なのです」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
模倣は「これくらい当たり前」を生む 独自の感動体験こそCX

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.20定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11108 2022/04/12 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング