記事種別

アスクル、ラストワンマイル配送車両に新たに軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」を7台導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/08/03 09:00

 アスクルは、ラストワンマイルにおいて使用する配送車両として新たに三菱自動車工業株式会社製の軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」を7台導入したことを発表。

 アスクルは2016年より、12台の電気自動車の使用を開始。 2017年には「EV100(企業による電気自動車の使用や環境整備促進を目指す国際ビジネスイニシアチブ)」に加盟し、ラストワンマイルにおいて使用する配送車両を2030年までにすべてEV車両(電気自動車)にすることを目標に掲げ、CO2削減を推進してきた。

 今回は、7台の軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」を新木場物流センターと世田谷営業所に導入し、配送に使用開始。 道幅の狭い都内での配送に適した小回りの利く車体でありながら、配送に十分な積載量が確保可能な車両。 今回の導入で2020年までに導入済みの電気小型トラックを2台も合わせ、計21台の配送車両がEV車両(電気自動車)となった。

 またこれを機に、既に導入済みの電気小型トラック2台と今回導入が決まった7台の軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」計9台の車体には、「CO2ゼロチャレンジ 100% Electric Delivery」を掲げた新ラッピングを実施。 新デザインは「より環境にやさしい未来の配送」をコンセプトとしたもので、EV車の配送ルートを緑のラインで描くことで走行時のCO2排出ゼロを表し、環境にやさしい配送に取り組む姿勢を表現している。 ECに欠かせない配送の領域においてさらにEV車両導入を進めていく考え。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2021年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5