記事種別

Shopify-スマレジ会員連携アプリ「Omni Hub」、売上連携機能公開 購買情報を一元化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/05/21 06:00

 フィードフォースが提供する、Shopify-スマレジ間のオムニチャネル会員連携アプリ「Omni Hub」は、スマレジPOSで計上された会員の実店舗での売上を、Shopifyに自動的に連携する機能を公開した。これにより、チャネルを横断した会員の売上情報が一元化され、オムニチャネルでのポイントプログラムの構築などのCRM施策を実現できるようになる。

 消費者の購買状況に合わせてCRMを強化する機能やアプリがShopifyには多数存在することから、実店舗で商品を購入した会員に向けてShopify上で施策を行いたいというニーズが、Omni Hubアプリ構想段階より多くの事業者から挙がっていたという。

 そこで同アプリでは同ニーズに対応し、スマレジPOSで計上された会員に紐づく実店舗での売上を、Shopifyに自動的に連携する売上連携機能を開発。これにより、Shopifyの管理画面上で、チャネルを横断して購入状況が把握できるようになった。

 今回の機能公開により、Omni Hubがすでに提供している会員情報一元化の機能と合わせて、下記の内容を実現可能となる。

  • 実店舗で商品を購入した消費者に向けてお礼メールや製品利用方法の案内メールなどを送信する
  • 実店舗、EC合算での消費者の購買状況を分析する
  • Shopifyの「会員マイページ」上に、実店舗で購入した商品の履歴を表示し、ECサイト上での再購入を促す
  • 実店舗、ECサイトを横断して購買状況に基づいた会員ランクを作成する
  • 実店舗、ECサイトで共通のポイントプログラムを提供する

 スマレジとShopifyで商品を同一の商品コードで管理している場合、売上連携時にShopify上で、スマレジ側で販売された商品を同定することも可能。この場合、Shopify上で在庫を減らすことはないとのこと。

オムニチャネルでのポイント(リワード)プログラムの提供について

 売上連携機能の公開により、「オムニチャネルでのポイント管理一元化」について、Shopify上のポイントアプリを利用することで対応が可能になる。

 今後も引き続き、オムニチャネルでの店舗運営に貢献する次の機能の追加を予定している。

  • 顧客の購買分析機能
  • オムニチャネルで共通のクーポン管理機能
  • 実店舗での接客で利用可能なEC購買状況連携機能
  • 在庫や商品、全ての売上の一元管理機能


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5