SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Summer

2023年6月14日(水)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

eKYC利用経験者は12% 本人確認手続き中面倒で中断したことがあるのは約42%/MMD研究所調査

 MMD研究所は、20歳~69歳のスマートフォンを所有する男女659人を対象に2021年3月23日~3月30日の期間で「本人確認(eKYC)に関する調査」を実施した。調査結果の概要は、次のとおり。

eKYCの認知は28.6%、利用経験者は12.0% 利用経験は20代が最多で約2割に

 20歳~69歳のスマートフォンを所有する男女659人を対象に、オンライン上で完結する本人確認の方法「eKYC」を知っているか聞いたところ、「全く知らない」がもっとも多く71.5%となり、次いで「利用したことがある」が12.0%、「名称は知っているが、どんな内容なのか知らない」が5.9%となった。

 年代別で見ると、「利用したことがある」は20代(n=117)がもっとも多く19.7%、次いで30代(n=130)が16.2%、40代(n=165)が11.5%。 「全く知らない」は60代(n=106)がもっとも多く86.8%、次いで50代(n=141)が79.4%、40代(n=165)が75.2%となった。

オンラインや郵送・窓口での本人確認手続き中、面倒になり中断したことがあるのは41.6%

 オンラインでの銀行口座開設やクレジットカード発行などの本人確認手続き中に、アプリのインストールや書類郵送、窓口に向かうのが面倒になり、手続きを中断したことはあるか聞いたところ(本人確認の手続きをしたことがない222人を除く)、「手続きを中断したことがある」が41.6%となり、「手続きを中断したことがない」が41.9%となった。

eKYC利用経験者の9割以上が今後の普及に期待 利用メリットは「郵送や書類コピーの手間削減」が最多に

 eKYCの経験者79人に、eKYCが今後さらに普及してほしいか聞いたところ、「とてもそう思う」は58.2%、「ややそう思う」は36.7%となり、普及に肯定的なのは合わせて94.9%に。

 次に、eKYCを利用して感じたメリットを聞いたところ(複数回答)、「郵送や書類コピーなどの手間が減った」がもっとも多く67.1%、次いで「スピーディーに手続きできる」が63.3%、「外出しなくて済む」が59.5%となった。

 続いて、eKYCを利用して感じたデメリットを聞いたところ(複数回答)、「個人情報の漏洩の可能性」がもっとも多く41.8%、「何回試しても認証されない」が31.6%、「本人確認書類の画像や動画などの読み込みができない」が29.1%だった。

 続いて、利用したことのあるシーンを聞いたところ(無回答者1人を除く、複数回答)、「銀行・証券口座開設時」がもっとも多く59.0%、次いで「キャッシュレス決済サービス利用時」が43.6%、「クレジットカード発行時」が35.9%となった。

eKYC未経験者の利用意向、4割は「利用したい」 

 eKYC未経験者580人に、eKYCを今後利用したいと思うか聞いたところ、「利用したいと思う」は13.6%、「やや利用したいと思う」は26.9%となり、利用することに肯定的なのは合わせて40.5%となった。「利用したいと思わない」は16.6%、「あまり利用したいと思わない」は20.0%となり、利用することに否定的なのは合わせて36.6%となった。

 次に、eKYCを今後利用したいと思うと回答した235人に、希望する利用シーンを聞いたところ(複数回答)、「クレジットカード発行時」がもっとも多く57.0%、次いで「銀行・証券口座開設時」が49.8%、「キャッシュレス決済サービス利用時」が49.4%となった。

調査概要
  • 調査期間:2021年3月23日~3月30日
  • 有効回答:659人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:スマートフォンを所有する20歳~69歳の男女

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9087 2021/04/15 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング