記事種別

フューチャーショップ、2020年10月〜12月の流通額が昨対比153%に キャッシュレス化へ着実推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/02/22 05:00

 フューチャーショップが運営するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」は、シリーズ2020年10月〜12月の流通額が451億円(昨対比152.51%)だったことを発表した。

 1年以上継続利用した店舗に限定して流通額を調査したところ、上位5業種の昨対比は次の結果に。

業種 流通額昨対比(10月〜12月平均)
キッチン・日用品雑貨・文具 200.66%
インテリア・寝具・収納 183.42%
楽器・音楽機材 167.74%
スイーツ 167.02%
水・ソフトドリンク 161.12%

 在宅時間が充実するアイテムが流通額を伸ばしたほか、季節商材として、外出に気を使う状況だったことも影響しているのか、「スイーツ」もECでの売上を大きく伸ばしている。クリスマスケーキなど、この時期需要が見込まれる商材がECにて購入される傾向にあったと推測される。

 また、次の4項目について、期間中の生活者のEC利用状況を調査。調査対象は、2019年・2020年10月〜12月、各月の注文件数が100件以上の店舗のなかから500店舗を無作為に抽出した。

  1. 注文件数の変化
  2. 購入単価の変化
  3. 新規顧客利用状況
  4. 決済手段の変化

 各項目の調査結果詳細は、次のとおり。

注文件数の変化

 対象店舗の注文件数はすべてのデバイスにおいて増加。10月の伸びは、昨年同月の消費税増税実施による一時的な消費の冷え込みが影響を与えたと推測される。

  2020年10月 2020年11月 2020年12月
デバイス全体 174.30% 151.00% 146.66%
PC 159.49% 139.09% 134.77%
SP 189.37% 164.00% 157.99%

購入単価の変化

 PCはスマートフォンより2割程度購入単価が高い結果に。また、月別に見ると、12月にスマートフォン経由の購買単価が昨年同月比でやや落ちたものの、期間中はほぼ一定の値を示した。

  2020年10月 2020年11月 2020年12月
PC経由購入単価 ¥14,487 ¥14,766 ¥14,554
昨年同月比(PC) 106.11% 106.96% 105.66%
スマートフォン経由購入単価 ¥12,303 ¥12,491 ¥12,457
昨年同月比(SP) 105.00% 105.29% 102.64%

新規顧客利用状況

 新たに会員登録した顧客の利用を新規利用とみなし、各店舗、注文件数の平均増加率を月ごとに調査した。なお、会員機能を利用していない店舗は、調査対象から除外している(n=492で調査)。その結果、期間平均が172.53%と、継続してECの新規利用が増加している。

2020年10月 2020年11月 2020年12月
187.26% 168.74% 161.58%

 2020年10月がほかの月と比較して高い数字を示したのは、2019年10月は消費税増税の影響から買い控えが起こったためと推測される。

決済手段の変化

 利用された決済方法を「クレジットカード」「ID・QR決済(Amazon Pay、楽天ペイ〈オンライン決済〉、Apple Pay、PayPay)」「現金・その他決済(店頭払いや後払い、銀行振込やコンビニ払いなど)」の3つにわけ、各月の総注文件数を1とした結果は次のとおり。

 緩やかながらも現金の利用率は減り、クレジットカードやID・QR決済にシフトしている姿が見られる。

 また、決済方法を3つとも提供している店舗に限定して(n=332)調査した結果、2020年は現金からほかの決済方法に移行しており、ID・QR決済の利用率が現金を超えたことが読み取れる。

 各決済方法の成長率についてはID・QR決済の成長率が高く、現金・その他が低いという結果となった。

  2020年10月 2020年11月 2020年12月
クレジットカード 145.26% 127.86% 135.35%
ID・QR決済 158.11% 136.23% 138.45%
現金・その他 124.90% 107.94% 114.08%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2020年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5