SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

アパレル大手TSI HDへ、ビーコン活用した店舗サービス提供 クオリカとTangerine協業

クオリカは、Tangerineと協業し、TSIホールディングスへ、ビーコンを活用した新たな店舗サービスを提供したことを発表。第1弾として2020年8月にLaline店舗28店へ導入、続けて9月にROSEBUD店舗27店でサービスをリリースした。

 従来、同社は、TSIホールディングスへブランドの会員顧客(ECサイト利用者と実店舗の顧客)、およびポイント情報を一元管理しオムニチャネルを実現する「CRM統合プラットフォームサービス」を提供していた。

 今回導入した「nearME RE(Retail Engagement)」は、ビーコンやIoTセンサーを活用し、流通小売企業の実店舗でのデジタルトランスフォーメーションを加速させるオフラインデータプラットフォーム。実店舗に来店検知のためのTangerine社製ビーコンセンサを設置し、会員顧客のスマートフォンアプリと連動して、来店情報と滞在時間を正確に把握できるようになった。

 さらに、CRM統合プラットフォームサービスで管理している顧客情報に基づき、実店舗への来店者へスタンプなどの店舗サービスをタイムリーに提供することが可能となった。会員顧客は、貯めた来店スタンプがポイントとなり、実店舗とECサイトの双方で利用可能。また、小売店側は、会員顧客の未購買を含めた来店履歴や店内における行動履歴がわかるため、来店データを新たなOMO施策に活用することができる。

TSIホールディングスが導入した店舗サービスの仕組み
TSIホールディングスが導入した店舗サービスの仕組み
Laline JAPAN公式ショッピングアプリ
Laline JAPAN公式ショッピングアプリ

 今後さらに、CRM統合プラットフォームが持つ顧客情報と同サービスの連携を進め、実店舗とECサイトでの行動・購買履歴を元にしたパーソナルリコメンデーションの実施など、より購買行動へ結び付けられる施策を実現し、優良会員の拡大を支援。アパレル業界において、リアルとネットを融合したデータ活用によるユニファイドコマース戦略に発展させていく予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8674 2020/12/21 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング