記事種別

アリババグループ、天猫ダブルイレブンで過去最高流通総額達成 越境ECランキングで日本が5年連続1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/11/14 05:00

 アリババグループは「2020天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバル(英語名:2020 11.11 Global Shopping Festival、中国語名:2020天猫双11全球狂歓季)」の結果を発表した。

 今年の同イベントは、過去最大となる25万以上のブランドが参加し、そのうち3万1,000の海外ブランドが中国向け越境ECを通じて参加。8億人以上の消費者が同グループの各サービスを利用して参加し、最終的なGMV(流通総額)は前年比26%増で過去最高となる4,982億元(約7兆7,200億円)を達成したとのこと。また、中国向け越境ECにおける国・地域別のGMVランキングでは日本が2016年から5年連続で1位を獲得したという。

 今年の同イベントは、販売期間を11月1日~3日(3日間)および例年通りの11月11日(24時間)の2回に拡大。これにより、新規出店ブランドや中小企業を含む多くのマーチャント(出店企業)に、より多くの販売機会と露出を提供することで、新型コロナウイルス感染症の影響からの事業回復を支援した。消費者はより多くの商品を閲覧したり、より多くの割引を受けられたりすると同時に、最初の販売期間に注文した商品をより早く受け取ることができるようになった。結果、470以上のブランドがGMV 1億元以上を達成している。

 また、ピーク時に毎秒58.3万件の注文を処理し、新たな記録を達成。アリババグループの物流基盤である菜鳥(ツァイニャオ)は11日間で、過去最大となる23.2億件の荷物配送オーダーを処理したという。同グループのライブコマース・サービスであるタオバオライブでは、30以上のライブ配信スタジオが GMV 1億元を達成した。

イベント結果概要

  • 名称(日本語):2020天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバル
  • 名称(英語):2020 11.11 Global Shopping Festival
  • 名称(中国語):2020天猫双11全球狂歓季
  • 予約販売期間:10月21日0時〜10月31日、11月4日0時〜11月10日
  • 販売期間:第1期 11月1日〜11月3日、第2期 11月11日
  • GMV集計期間:11月1日〜11月11日の11日間

全体の数字

  • 流通総額(GMV):4,982億元(昨年 2,684億元)
  • 参加ブランド数:25万以上(昨年 20万)
  • 参加消費者数:約8億人(昨年 約5億人)
  • 処理した荷物配送オーダー数:23.2億件(昨年 約13億件)
  • ピーク時取引件数:58.3万件/秒
  • GMV 1億元以上を達成したブランド数:470以上

中国向け越境EC概要(海外からの輸入)

  • 参加国・地域数 :89(昨年79)
  • 参加ブランド数:3万1,000以上(昨年2万2000以上)
  • 国・地域別GMVランキング:1位 日本(2016年より5年連続1位)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5