記事種別

LINE Payと三井住友カード、両者の強みとノウハウ融合で新たなキャッシュレス経済圏構築へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/11/04 05:00

 LINE Pay、三井住友カードは、本年4月より「Visa LINE Payクレジットカード」の発行を開始。今回、戦略的な提携関係を通じて新しい決済体験・カード文化を創造し、新しい時代に即したキャッシュレス決済の実現を目指すことを発表した。モバイルペイメントのLINE Payと、クレジットカードの三井住友カードの組み合わせにより、「LINE Pay」の利用場所を大きく拡大するとともに、シームレスな顧客コミュニケーションとセキュアな決済を融合し、安心・安全かつ使いやすい決済体験をユーザーに提供する。

 LINE Payはコミュニケーションアプリ「LINE」のユーザー基盤、三井住友カードは国内の加盟店網を活用。同提携によりLINE Payのスマートフォンを基軸とした決済ノウハウと三井住友カードのクレジットカード決済のノウハウを融合し、幅広いユーザー・加盟店をカバーする新たなキャッシュレス経済圏を構築する。

 具体的な取り組みは、次のとおり。

スマートフォンひとつで、あらゆる決済を、あらゆる場所で

「Visa LINE Payプリペイドカード」発行(2020年12月予定)

  • VisaブランドのバーチャルプリペイドカードをLINEアプリ内で発行。「Apple Pay」、「Google Pay」 にも12月より順次対応を予定しており、LINE Payが全国のiD加盟店でも利用可能に。

「チャージ&ペイ」対応カード拡大(2021年春予定)

  • Visa LINE Payクレジットカード以外の三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも、「チャージ&ペイ」機能が利用可能に。
今後のLINE Payの決済ポートフォリオ
今後のLINE Payの決済ポートフォリオ

安全・安心・便利でお得なキャッシュレス決済 

LINE上でのクレジットカード利用通知、各種手続き・問い合わせ

  • 2020年9月よりVisa LINE Payクレジットカード会員に対し、LINE上での利用通知を開始。三井住友カード会員へLINEでの利用通知も順次開始予定。
  • 三井住友カードアプリ「Vpass」の連携により、三井住友カード会員はLINE上でクレジットカードの各種手続きや設定が可能に。
  • LINEの「CLOVA Chatbot」を導入し、三井住友カードのLINE公式アカウントからのチャットボットによる問い合わせ対応が可能になる予定。

LINEの各種サービスによる三井住友カード会員への付加価値向上

  • 三井住友カード会員がLINEの各種サービスを利用した際、通常よりも上乗せしたVポイント還元を実施。

決済の枠を超えた加盟店サービス

 加盟店向けには、国内最大規模の加盟店網である三井住友カード加盟店へのLINE Pay導入を推進するとともに、LINEおよび三井住友カードの「stera」の機能を活用した加盟店向けサービスの利便性の向上を図る。

  • 「stera terminal」へのLINE Pay QRコード決済導入を拡大、加盟店は一元的に各種決済対応が可能に。
  • LINE、stera双方の機能を活用した、新たなサービス、マーケティングソリューションを検討。
  • 両社の保有するデータを活用した、新たなサービス、マーケティングソリューションを検討。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5