記事種別

ブレインパッドとセキュア、店舗連動型データ活用ソリューション構築開始 リテール領域のDXを加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/11/04 06:00

 ブレインパッドとセキュアは、デジタル/リアルのデータを統合しマーケティングに活用する、店舗連動型データ活用ソリューションの構築に向けて協業することを発表した。ブレインパッドは、先進技術を用いたデータ活用を加速する目的にて、セキュアにマイナー出資している。

 両社は、ブレインパッドが提供するデータビジネス・プラットフォーム「Rtoaster(アールトースター)」と、セキュアが提供する未来型無人化店舗「SECURE AI STORE LAB(セキュア・エーアイ・ストアラボ)」の連携により、ウェブサイトなどから取得できるデータと店舗内で収集されるデータの統合・活用によるニューノーマルの買い物体験の実現と、リテール領域におけるDXの進化を目指すという。

 データ活用に注力するブレインパッドが開発・提供するRtoasterはCDP/プライベートDMP領域で展開する企業のマーケティングにおけるDXを支援するプラットフォーム。従前からの強みであるデジタル上のデータの収集・活用に加え、同協業を通じてリアル店舗におけるデータ収集や顧客接点のパーソナライズを可能とすることで、デジタル/リアル横断のデータ活用を実現するプラットフォームに進化していきたい考え。

 また、監視カメラ、入退室システムなど先進的なセキュリティソリューションを強みに持つセキュアが開発・運営する未来型無人化店舗SECURE AI STORE LABは、AIを利用した顔認証による手ぶら決済や棚解析などの最新のテクノロジーで、リアル店舗での買い物体験を自動化・最適化する体験型ストア。同社は同店舗を通じて蓄積したデータを、マーケティングや需要予測、在庫の最適化などにも活用することで、単なる店舗の無人化や省人化に留まらずにソリューションの付加価値を向上していきたいと考えだという。

 そこで両社は、互いのソリューションを連携することで、デジタルとリアルの融合によりリテール領域のDXを進化させる、店舗連動型データ活用ソリューションの構築に向けて協業することに合意した。

 同ソリューションでは、SECURE AI STORE LABで収集したリアル店舗の(個人情報の取得・利用許諾済みの)消費者行動データを、「Rtoaster insight+(アールトースター インサイト・プラス)」に蓄積し、Rtoasterで収集したオンライン上の行動データと統合。これにより、デジタルとリアルを横断した次のような消費者行動の読み取りと、消費者とのコミュニケーションが可能にあるとのこと。

店舗連動型データ活用ソリューションが実現することの一例
  • ウェブサイトで特定商品を閲覧した消費者が、SECURE AI STORE LABに来店後、実際にその商品を手に取ったのか、購入したのかどうかを把握することができる。
  • SECURE AI STORE LABで手にしたのち、その場では購入には至らなかったが、その後オンラインでの購入につながったかどうかを把握することができる。
  • デジタルチャネルでの購買行動データに基づき、リアル店舗でもパーソナライズされたオファーを提示することができる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5