SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

一元管理システムへの投資、受注件数月1,000件以上で月3万円超が6割[サバウェイ]

 調査対象者がかかわるネットショップの月間受注件数を尋ねたところ、「300 件以内」が52%と過半数を占め、以降「~600 件」(14%)、「~1,000 件」(10%)、「~1,500 件」(7%)、「~2,000件」(6%)と続いた。

 調査対象者のシステム利用状況の内訳を見ると、「一元管理システムのみ」が44%と最も多く、次いで「カートシステ ムのみ」と「一元管理+カートシステムの両方」がそれぞれ28%となった。

 多店舗一元管理システムにかけている1ヵ月の利用料を尋ね、月間あたりの受注件数別に集計すると(n=303)、受注件数が多くなるほど金額が増加する傾向にあることがわかった。

 月額1万円以上を投資する割合は、受注件数が月300件までだと35.3%であるのに対し、月300件を超えると67.4%となる。受注件数が月1,000件を超過すると、66.7%のショップがシステム利用に3万円以上のコストをかけている。

 対象者に、最もよく利用しているカートシステムにかけている1ヵ月の利用料について尋ね、月間あたりの受注件数別に集計すると(n=244)、コストをかけていないショップが2割強に。

 月間受注件数が300件を超えると、1万円以上支出するショップが半数となり(50%)、月間受注件数が1,000件を超えると、70.6%が1万円以上支出していることがわかった。

 本調査は、2014年6月12日~17日、多店舗一元管理システムまたはカートシステムを利用しているネットショップ運営関係者を対象に、インターネットによる事前スクリーニング調査の後、対象セグメントに本調査を実施した。有効回答数は、510名(月間受注件数について「わからない」と回答したサンプルを除外)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/844 2014/07/07 12:10

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング